[事例ニュース]

NTTデータ、AI画像診断支援の実証実験をインドの医療機関で実施

2018年9月27日(木)IT Leaders編集部

NTTデータと、同社の米国子会社であるNTT DATA Servicesは2018年9月26日、インドのDeenanath Mangeshkar病院で、2018年春にAI画像診断支援システムの実証実験を実施したと発表した。

 患者の医療画像から重篤な疾病をAI技術で分析し、放射線科医の診断を支援するシステムの実証実験を実施した。脳出血をはじめとした12種類の疾病を検出する。実験では、肺気腫を対象に、CT画像を使って実施した。より多くの患者の検出を支援できることを確認した。

図1:AI画像診断支援ソリューション画面例(出典:NTTデータ)図1:AI画像診断支援ソリューション画面例(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 NTT DATA Servicesでは、医療画像のアーカイブシステム「Unified Clinical Archive」(UCA)を約1100の医療施設に提供している。NTTデータは、UCAで培った実績を生かして、AI画像診断支援システムを開発した。今回、病院側の協力を得られたインドで実証を行った。

 AI画像診断支援システムは、患者の医療画像をAI技術で分析し、疾患の可能性がある箇所を画像上とテキストで示す。UCAはクラウド型のシステムで、190億枚を超える画像をアーカイブしている。

 NTTデータは、UCAの顧客の協力と蓄積したノウハウに加え、医療画像に疾患情報ラベルを付与するアノテーションシステムを持つ米MD.aiと提携し、AI画像診断支援システムを開発した。

 実証実験は、NTTデータのインドにおけるパートナ会社であるDeepTekと連携して行った。肺気腫を対象に、患者データ389人分のCT画像をAI画像診断支援システムで診断した。

 従来の診断では、17件の肺気腫を報告できた。一方、同システムは56件を検出した。差分は、医師が緊急の治療が不要と判断した軽度の肺気腫だった。同システムでは、より網羅的なレポートの作成や、将来のリスクを含めた診断の支援ができる。また、誤検出は結核患者を抽出していることが判明した。先進国ではあまり見られない結核が影響した。

 NTTデータは、同システムのグローバル展開を計画している。複数国の患者に有効であることを確認するため、米国に次ぎインドで実証を行い、さらに2018年度中に日本の病院との実証実験も予定する。同実証で得られた結果を踏まえ、病院の協力を得た技術開発、実証実験を通じ、2022年までにグローバルで100億円の売上を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、AI画像診断支援の実証実験をインドの医療機関で実施NTTデータと、同社の米国子会社であるNTT DATA Servicesは2018年9月26日、インドのDeenanath Mangeshkar病院で、2018年春にAI画像診断支援システムの実証実験を実施したと発表した。

PAGE TOP