[新製品・サービス]

NTTデータ、手書き認識OCRソフト「DX Suite」を販売、RPAと組み合わせて提案

2018年9月27日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2018年9月27日、手書き文字をAIで認識するOCR(光学文字読み取り)ソフト「DX Suite」の販売を開始すると発表した。RPAソフト「WinActor」と組み合わせて提供することを狙っている。まずはクラウド版の販売を開始し、2018年内にオンプレミス版の販売も開始する。DX Suiteの開発会社はAI inside。

 今回NTTデータが販売を開始するDX Suiteは、手書き文字を認識できるOCRソフトである。RPAソフトのWinActorと組み合わせることで、スキャナでの取り込みからOCRでの文字認識、RPAを使った事務作業、RPAの管理・統制までを、NTTデータから一元的に提供できるようになる。金融機関などで需要が高い、手書きの申請書類を扱うパソコン業務の一元的な自動化が可能になる。

図1:DX Suiteによる認識結果の例(出典:NTTデータ)図1:DX Suiteによる認識結果の例(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 DX Suiteは、ディープラーニングを活用した画像認識技術と、文章の前後関係を判定する自然言語解析を組み合わせている。従来のOCRでは読み取りが困難な手書きの書類や、読み取り時にズレや罫線などを含んだ画像についても、高精度で認識する。NTTデータのサンプル帳票を読み込ませたところ、手書き文字を約98%の精度で読み取ったという。

 DX Suiteは基本的にはクラウド型のサービスだが、セキュリティを重視する金融機関や公共機関などに合わせて、クラウド型に加えてオンプレミス型でも提供する。DX Suiteの販売代理店のうちオンプレミス型で販売するのはNTTデータが初めてとなる。オンプレミス型は2018年内に提供を開始する予定。

 NTTデータがDX Suiteを販売する背景には、RPAツール単体では自動化できない紙資料を扱う業務が課題となっているという状況がある。DX SuiteとWinActorを組み合わせることで、RPAが苦手としていた手書き文字の資料を扱う業種の自動化ニーズに応える。

 価格(税別)は、以下の通り。DX Suiteクラウド版は、アカウント発行料が150万円。ランニング費用は保守費用が1ユーザーあたり月額1000円で、従量費用が月額10万円から。DX Suiteオンプレミス版は個別見積り。販売目標は、2020年度末までに累計200億円。

関連キーワード

OCR

関連記事

Special

-PR-

NTTデータ、手書き認識OCRソフト「DX Suite」を販売、RPAと組み合わせて提案NTTデータは2018年9月27日、手書き文字をAIで認識するOCR(光学文字読み取り)ソフト「DX Suite」の販売を開始すると発表した。RPAソフト「WinActor」と組み合わせて提供することを狙っている。まずはクラウド版の販売を開始し、2018年内にオンプレミス版の販売も開始する。DX Suiteの開発会社はAI inside。

PAGE TOP