[新製品・サービス]

ジャパンシステムがRPA「BizRobo!」の取り扱いを開始、地方のSIに強み

2018年10月1日(月)IT Leaders編集部

SIベンダーのジャパンシステムは2018年9月28日、RPAソフト「BizRobo!」(RPAテクノロジーズ製)の取り扱いを開始したと発表した。

 BizRobo!を活用したいユーザー企業に対して、導入支援、トレーニング、サポートを提供する。ジャパンシステムが提供する各種サービスにもRPAを組み込んでいく。

 RPAテクノロジーズは、地方自治体への支援実績があるジャパンシステムを通して、地方でのユーザーの開拓を進める。RPAの導入に踏み切れていなかった地方自治体に向けてRPAを導入し、地産地消型のRPAの普及を促進させる。

 背景には、地方においては人口減少が顕著になり、RPAの導入にあたって必要な人員を割けないという状況がある。既存の慣習化された業務においてどのように導入していけばいいのか分からないといった理由から、RPAの導入が思うように進んでいないという課題が起こっている。

 なお、RPAは、ホワイトカラー業務を自動化するソフトである。画面上のアプリケーション画面を識別し、人間と同じように操作ができるソフトウェアロボットによって、業務を自動化する仕組み。

関連記事

Special

-PR-

ジャパンシステムがRPA「BizRobo!」の取り扱いを開始、地方のSIに強みSIベンダーのジャパンシステムは2018年9月28日、RPAソフト「BizRobo!」(RPAテクノロジーズ製)の取り扱いを開始したと発表した。

PAGE TOP