[調査・レポート]

FinTech関連のIT支出額は2022年に1681億円、IDC Japan調べ

2018年10月3日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2018年10月2日、FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)にともなうIT支出への波及効果を発表した。2022年時点の国内金融機関のFinTech関連IT支出規模は520億円、その他の産業分野では1681億円を予測する。

 国内金融機関では、新たなビジネス創出、商品/サービス強化を目的に、FinTechの提供、利用が本格化している。国内金融機関のFinTech関連IT支出規模は、2018年に219億円、2022年には520億円に拡大すると予測している。

図1:国内「FinTechエコシステム」関連IT支出額予測:2017年~2022年(出典:IDC Japan)図1:国内「FinTechエコシステム」関連IT支出額予測:2017年~2022年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 FinTechの取り組みは、金融機関の既存事業や、他の産業分野にも影響を及ぼす。国内「FinTechエコシステム」関連IT支出額は、2018年に419億円、2022年には1681億円に拡大すると予測している。

 FinTechの取り組みは、「個人資産管理」、「会計/経営支援」などの従来分野だけでなく、「金融情報/投資支援」、「決済」、「暗号通貨」の分野にも広がっている。さらに、大手流通業やサービス業なども「決済」分野を中心に、積極的にサービスの提供を始めている。

 多くの企業では、付加価値として、マーケティング支援や融資サービスなどを提供開始しているほか、他社と連携したエコシステムの構築を模索している。特に、大手金融機関、流通業、サービス業などでは、自社がエコシステムの中核となるべく、プラットフォーム(FinTech基盤)の構築に注力している。

 今後、国内外の流通業、情報サービス業などの有力企業が、FinTechを活用した金融サービスを本格的に提供することによって、国内金融機関のビジネスに大きな影響を及ぼす可能性がある、としている。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『2018年 国内第3のプラットフォーム市場 「FinTechエコシステム」の動向分析』(JPJ42862218)で詳細を報告している。

関連キーワード

FinTech

関連記事

Special

-PR-

FinTech関連のIT支出額は2022年に1681億円、IDC Japan調べIDC Japanは2018年10月2日、FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)にともなうIT支出への波及効果を発表した。2022年時点の国内金融機関のFinTech関連IT支出規模は520億円、その他の産業分野では1681億円を予測する。

PAGE TOP