[事例ニュース]

大和ハウス工業、海外拠点向けにSAP S/4HANA Cloudを採用、マレーシアを皮切りに順次展開

2018年10月3日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大和ハウス工業は、海外拠点向けのERP(基幹業務システム)システムとして、クラウド型の「SAP S/4HANA Cloud」の採用を決めた。現在、マレーシア拠点への導入プロジェクトが進行中であり、今後も順次、海外拠点に展開する。SAPジャパンが2018年10月3日に発表した。

 大和ハウス工業は従来、国内のグループ会社における会計などの業務において、独SAPのERPソフトを運用してきた。今後の成長戦略の一環として、海外売上の増大に向けて、海外展開に力を入れる。

 海外拠点向けの基幹システムとして今回、SAP S/4HANA Cloudの採用を決めた。現在、マレーシア拠点への導入プロジェクトが進行中であり、今後も順次、海外拠点に展開する計画である。

 SAP S/4HANA Cloudは、クラウド型のERPソフトである。ビジネスシナリオの中から必要な機能を選択するというやり方で、業務の標準化を実現する。SaaS型のクラウドサービスであるため、短期間で業務プロセスを設計できる。

 大和ハウス工業がSAP S/4HANA Cloudを採用した主な理由は、早期導入が可能であることと、基幹システムを自社内で持つことなく運用をアウトソーシングできること、である。

関連記事

Special

-PR-

大和ハウス工業、海外拠点向けにSAP S/4HANA Cloudを採用、マレーシアを皮切りに順次展開大和ハウス工業は、海外拠点向けのERP(基幹業務システム)システムとして、クラウド型の「SAP S/4HANA Cloud」の採用を決めた。現在、マレーシア拠点への導入プロジェクトが進行中であり、今後も順次、海外拠点に展開する。SAPジャパンが2018年10月3日に発表した。

PAGE TOP