[新製品・サービス]

NEC、工場の無線LANの課題を発見・解決するコンサルを開始

2018年10月9日(火)IT Leaders編集部

NECは2018年10月5日、工場内の無線LAN環境において、通信が途切れたり繋がらない原因を推測し、改善に向けた具体的な提案を行う新サービス「無線通信課題コンサルティング」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は70万円からで、販売目標は3年間で100工場。

 従来の無線LANの電波調査とは異なる視点で、工場内の無線LANを時系列に可視化し、無線LANの通信品質や稼働状況の把握、通信が途切れたり繋がらない原因を探る。この結果を用いて、無線LANの環境改善に向けた具体的な提案を行い、無線LAN環境の適正化を図る。

図1:無線通信課題コンサルティングで導入する可視化画面(出典:NEC)図1:無線通信課題コンサルティングで導入する可視化画面(出典:NEC)
拡大画像表示

 無線データを収集する機器を使って、アクセスポイントごとの電波の受信強度を測定し、測定エリアにおける無線LANの状態変化を可視化する。これにより、実際の電波の使用状況を時系列に把握できるようにする。現状の無線LANの通信品質や稼働状況を把握し、通信の途切れや繋がらない原因を推測する。こうして、アクセスポイントの配置状況の見直しなど具体的な解決策を提案する。

 アクセスポイントだけでなく、接続する機器も可視化できる。アクセスポイントごとの接続数や帯域占有率、再送率など、複数の指標で多角的に分析できるため、接続する機器の運用方法の見直しなど、エリア全体の無線LAN環境の適正化が可能である。

 データ収集までカバーする「ベーシックプラン」、データ収集に加えて課題抽出までカバーする「スタンダードプラン」、データ収集と課題抽出に加えて解決策の提案までカバーする「プレミアムプラン」の3タイプを用意した。価格(税別)は、70万円から。

関連記事

Special

-PR-

NEC、工場の無線LANの課題を発見・解決するコンサルを開始NECは2018年10月5日、工場内の無線LAN環境において、通信が途切れたり繋がらない原因を推測し、改善に向けた具体的な提案を行う新サービス「無線通信課題コンサルティング」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は70万円からで、販売目標は3年間で100工場。

PAGE TOP