システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

TmaxSoftとLG日立、メインフレームからクラウドへの移行サービスを提供

2018年10月11日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ティーマックスソフトは2018年10月11日、ユーザー企業の基幹システムをメインフレームからオープン環境へとマイグレーション(移行)してクラウド化するサービス「シルクロード・プロジェクト」を発表した。日立製作所と韓国LGの合弁会社であるLG日立と共同で、2018年10月15日から提供する。

 ユーザー企業の基幹システムをメインフレームからオープン環境へとマイグレーション(移行)してクラウド化するサービスである。サービスを構成する要素技術として、日本ティーマックスソフトのリホストソフト「Tmax OpenFrame」(韓国Tmax Soft製)と、LG日立のデータベース移行ソフト「Smart-MIG」を使う。

 Tmax OpenFrameの特徴は、COBOLやPL/1で書かれた既存のアプリケーション資産を、ソースを書き換えることなく、そのまま移行できることである。このために必要なプリコンパイラや各種ミドルウェアを一通り提供する。データベースやTPモニター、JCL(ジョブ記述言語)、各種言語処理系などを用意する。

 Smart-MIGは、データベースの移行ソフトである。マッピング定義情報と移行検証定義情報を利用して、データ移行ツールと移行検証ツールを生成する。また、ツールの実行ログを基に、エラーデータの確認や開発状況、移行状況を可視化する画面を提供し、安定したデータ移行を支援する。

関連記事

Special

-PR-

TmaxSoftとLG日立、メインフレームからクラウドへの移行サービスを提供日本ティーマックスソフトは2018年10月11日、ユーザー企業の基幹システムをメインフレームからオープン環境へとマイグレーション(移行)してクラウド化するサービス「シルクロード・プロジェクト」を発表した。日立製作所と韓国LGの合弁会社であるLG日立と共同で、2018年10月15日から提供する。

PAGE TOP