[新製品・サービス]

IUK、システム運用監視ソフト新版「Monarch 1.5」、AWSの監視機能と連携

2018年10月15日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISインテックグループのアイ・ユー・ケイは2018年10月15日、ハイブリッドクラウド環境で利用できる運用監視ソフト「Monarch(モナーク) 1.5」を発表、同日提供を開始した。新版ではAWSを監視できるようにした。価格は要問い合わせ。

 Monarchは、Web型で動作するシステム運用監視ソフトである。SNMP監視、SNMPトラップ監視、Ping監視、Syslog監視、リモートでのコマンド実行結果の監視、Webサイトの挙動の監視、REST APIでの監視、などができる。冗長構成の全ダウンなど複合的な障害も監視できる。

図1:Monarch 1.5を用いた総合監視のイメージ(出典:アイ・ユー・ケイ) 図1:Monarch 1.5を用いた総合監視のイメージ(出典:アイ・ユー・ケイ)
拡大画像表示

 監視手法が豊富なことから、オンプレミスやIaaSクラウドなどが混在するハイブリッドクラウド環境を1つの製品で一元的に監視できる。監視対象システムごとに別個の監視システムを導入する必要がない。

 今回の新版では、AWS(Amazon Web Services)の監視機能を追加した。AWSの監視機能(Amazon EC2 Auto ScalingやAmazon CloudWatchなど)で検出した各種アラートを利用してAWS上の異常をイベントとして検知できるようにした。また、アラートを管理するための監視テンプレートも搭載した。

 新版では、画面の視認性/操作性も改善した。具体的には、監視対象機器から収集した情報を元に、自動的に監視対象機器の種別アイコンの割り当てを行うようにした。サーバーやネットワーク機器の種類だけでなく、OSの種類やネットワーク機器の対象レイヤーまで画面上から一目で把握できる。

関連キーワード

TIS / インテック / AWS

関連記事

IUK、システム運用監視ソフト新版「Monarch 1.5」、AWSの監視機能と連携TISインテックグループのアイ・ユー・ケイは2018年10月15日、ハイブリッドクラウド環境で利用できる運用監視ソフト「Monarch(モナーク) 1.5」を発表、同日提供を開始した。新版ではAWSを監視できるようにした。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP