[新製品・サービス]

NTTテクノクロス、ネットワーク分離環境でクエリーを安全に仲介するゲートウェイ製品を販売

2018年10月16日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTテクノクロスは2018年10月16日、ネットワーク分離環境においてリアルタイムでのシステム間API連携を実現するゲートウェイ機器「Crossway/データブリッジEnterprise」を発表した。2018年11月から提供する。

 Crossway/データブリッジEnterpriseは、インターネット接続用と基幹システム用のネットワークを物理的に分離して基幹システムのセキュリティを確保したネットワーク分離環境を対象に、両者のネットワーク間でリアルタイムにシステムを連携させられるようにする製品である。

図1:Crossway/データブリッジEnterpriseの概要(出典:NTTテクノクロス)図1:Crossway/データブリッジEnterpriseの概要(出典:NTTテクノクロス)
拡大画像表示

 物理的に分断された2つのネットワーク間でコンピュータからコンピュータへの問い合わせを仲介するゲートウェイ機能を提供する。これにより、インターネット接続用のネットワーク上にあるクライアントPCから、基幹システム用のネットワーク上にあるサーバー機に対して問い合わせられるようになる。

 製品のハードウェアは、インターネット接続用のネットワークに設置してクライアントからの問い合わせをWeb APIで受け付ける「受付サーバー」と、基幹システム用ネットワークに設置してWeb APIで基幹系サーバーに問い合わせる「データブリッジ」で構成する。受付サーバーとデータブリッジが連携してWeb APIを仲介することで、結果としてクライアントからサーバーへの問い合わせができる。

 受付サーバーとデータブリッジはUSBケーブルでつないで使い、TCP/IPを使わずに連携する。インターネット接続用ネットワークと基幹システム用ネットワークがTCP/IPでつながっていない状態になるので、インターネット接続用ネットワークを介して基幹システム用ネットワークにサイバー攻撃が及ばないとしている。

 価格(税別)はオープンで、参考価格は最小構成で340万円から。内訳は、ゲートウェイ機器のハードウェア(受付サーバー1台と、データブリッジサーバー本体)が100万円。ソフトウェアのライセンスが、年額240万円。

関連記事

Special

-PR-

NTTテクノクロス、ネットワーク分離環境でクエリーを安全に仲介するゲートウェイ製品を販売NTTテクノクロスは2018年10月16日、ネットワーク分離環境においてリアルタイムでのシステム間API連携を実現するゲートウェイ機器「Crossway/データブリッジEnterprise」を発表した。2018年11月から提供する。

PAGE TOP