[新製品・サービス]

キヤノンITS、不正侵入を検知・防御する「IDS/IPSサービス」を提供

2018年10月18日(木)IT Leaders編集部

キヤノンITソリューションズは2018年10月17日、同社が運営する西東京データセンターで運営しているクラウドサービス「SOLTAGE」やホスティングサービスのユーザーを対象に、不正アクセスを侵入検知・侵入防御する「IDS/IPSサービス」の提供を開始した。キヤノンITSがユーザーの代わりにIDS/IPS機器を管理する。

 西東京データセンターのネットワーク上に設置したIDS/IPS機器を使って、ユーザーのネットワークに対するトラフィックを常時監視する。検査の結果、不正侵入を検知した際には、自動的に防御し、ユーザーに通知する。

 キヤノンITSがIDS/IPS機能をサービスとして提供する。機器のメンテナンスやリプレイス計画の検討、障害対応といった保守・運用を意識せずにセキュリティを強化できる。

 検知/防御件数、攻撃の送信元IP、送信先IP、検知した攻撃の解説サイトのURL、などの情報をユーザーに届ける。また、同一セグメント内であれば、防御対象のサーバーが増えても費用が追加発生することはない。

 キヤノンITSは、大手企業を中心にクラウドサービスの拡販を進める。SOLTAGEを中核とするITサービス事業で、2021年に年間売上100億円を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、不正侵入を検知・防御する「IDS/IPSサービス」を提供キヤノンITソリューションズは2018年10月17日、同社が運営する西東京データセンターで運営しているクラウドサービス「SOLTAGE」やホスティングサービスのユーザーを対象に、不正アクセスを侵入検知・侵入防御する「IDS/IPSサービス」の提供を開始した。キヤノンITSがユーザーの代わりにIDS/IPS機器を管理する。

PAGE TOP