[新製品・サービス]

IIJ、Active Directoryをクラウド型で提供するサービスを12月に提供

2018年10月18日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年10月18日、Windows環境の認証基盤であるActive Directory(AD)の機能をクラウド型で提供するサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」を発表した。2018年12月中旬から提供する。価格(税別)は、初期費用が96万円で、Active Directoryは月額12万円、Active DirectoryとAzure Active Directory Connectのセットが月額16万円。

 Active Directory機能をクラウドサービスとして提供する。使い方の1つは、オンプレミスで運用している既存のActive Directoryをクラウドに移行するというもの。これにより、Active Directoryサーバーの運用管理負荷を軽減できる。

図1:「IIJディレクトリサービス for Microsoft」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)図1:「IIJディレクトリサービス for Microsoft」の概要(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 このほか、オンプレミスで運用しているActive Directoryをマスターとして使い続けながら、クラウド上に同じデータの複製(レプリカ)を設置する使い方もできる。オンプレミスのマスターとクラウド上のレプリカを同期させることで、マスターの障害時にレプリカに切り替えて業務を継続できる。

 Active Directory機能のほかに、Office 365を利用しているユーザー向けには、Azure Active Directory Connectの機能もクラウドで提供する。これにより、単一のID/パスワードで社内システムとOffice 365の双方にアクセスできるようになる。

Active Directoryは、単一リージョン(東日本/西日本のいずれかを選択)で、標準で2台の冗長構成で提供する。マルチリージョンオプションを契約すると、メイン/DRサイトで2台ずつの冗長構成(合計4台)もとれる。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、Active Directoryをクラウド型で提供するサービスを12月に提供インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年10月18日、Windows環境の認証基盤であるActive Directory(AD)の機能をクラウド型で提供するサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」を発表した。2018年12月中旬から提供する。価格(税別)は、初期費用が96万円で、Active Directoryは月額12万円、Active DirectoryとAzure Active Directory Connectのセットが月額16万円。

PAGE TOP