[新製品・サービス]

NEC、RPAの適用業務を分析するSIサービスと、作業手順を自動生成するツールを提供

2018年10月22日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年10月22日、RPA(ロボットによる業務自動化)関連サービスを拡充すると発表した。業務を分析してRPAの適用領域を指し示すサービス「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」を2019年2月から、操作ログから作業手順書を自動生成したり作業の流れを可視化したりできるツール「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」を2018年12月から提供する。販売目標は、両方合わせて、今後3年間で30億円。

 新サービスのNEC業務改善ソリューション 業務分析サービスは、パソコン業務の操作ログから作業の流れや操作内容、所要時間を可視化することによって、RPAの適用候補業務を抽出し、効果的なRPA運用を提案するサービスである。価格(税別)は、150万円からで、2019年2月から提供する。

図1:パソコン業務の操作ログを分析した可視化イメージ(出典:NEC)図1:パソコン業務の操作ログを分析した可視化イメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 社員のパソコン業務における操作ログから、現行業務の流れや詳細な作業内容を可視化し、RPAに適した作業候補を提案する。さらに今後、持続的な業務改善を進めるための効果指標(納期短縮や費用低減、品質向上など)の定量化や、モニタリングできる仕組みなどを、順次提供していく。

 ロボット作成時に役立つ作業手順書を自動生成できるように、業務の操作ログを可視化・分析する機能と、NECのRPAソフト「NEC Software Robot Solution」を組み合わせたパッケージソフトも用意した。NEC Software Robot Solution 業務分析パックである。価格は3カ月50万円からで、2018年12月から提供する。

 パソコンの操作内容を記録/集計し、ロボット作成時に役立つ作業手順書を自動生成する。作業の流れや手作業量を可視化する機能も備えており、RPA化する業務を抽出する際に活用できる。また、人のパソコン操作だけではなく、NECのRPAソフトであるNEC Software Robot Solutionで作成したロボット動作のログも記録できる。これにより、ドキュメント不足や担当者の異動などで管理・把握しきれなくなったロボットの振る舞いを可視化できるようになる。

 NECはまた、RPAソフトとしてUiPathの取り扱いを同日付けで開始した。NECグループは、バックオフィス系の共通業務において、NEC Software Robot Solutionをはじめとする複数のRPA製品を活用し、業務効率化を図ってきた。今回、UiPathもNECグループ内のRPA基盤に追加すると同時に、販売するRPAソフトとしてUiPathの取り扱いを開始した。

関連記事

Special

-PR-

NEC、RPAの適用業務を分析するSIサービスと、作業手順を自動生成するツールを提供NECは2018年10月22日、RPA(ロボットによる業務自動化)関連サービスを拡充すると発表した。業務を分析してRPAの適用領域を指し示すサービス「NEC業務改善ソリューション 業務分析サービス」を2019年2月から、操作ログから作業手順書を自動生成したり作業の流れを可視化したりできるツール「NEC Software Robot Solution 業務分析パック」を2018年12月から提供する。販売目標は、両方合わせて、今後3年間で30億円。

PAGE TOP