[新製品・サービス]

コンテナ環境を守るセキュリティソフト、ソフトバンクコマース&サービスが販売

2018年10月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ソフトバンクコマース&サービスは2018年10月25日、Dockerコンテナ環境をマルウェアや不正アクセスなどから守るセキュリティソフト「Aqua Container Security Platform」を発表、同日販売を開始した。導入・運用にあたっての開発支援と技術サポートは、クリエーションラインが担当する。開発会社は、イスラエルのAqua Security Software。

 Aqua Container Security Platformは、Dockerコンテナ環境のためのセキュリティソフトである。マルウェア、既知の脆弱性、設定上の問題、といったコンテナ環境で発生するセキュリティ上の問題を検出する。コンテナ実行時の振る舞いも監視して異常を検知できる。コンテナイメージの作成からコンテナの運用まで、コンテナのライフサイクル全体を通じてセキュリティを確保する。

図1:Aqua Container Security Platformの製品構成(出典:イスラエルのAqua Security Software)図1:Aqua Container Security Platformの製品構成(出典:イスラエルのAqua Security Software)
拡大画像表示
写真1:イスラエルのAqua Security Softwareでクラウドネイティブセキュリティアドボケートアジアパシフィック&戦略的アカウント営業責任者を務めるEric Gold(エリック・ゴールド)氏写真1:イスラエルのAqua Security Softwareでクラウドネイティブセキュリティアドボケートアジアパシフィック&戦略的アカウント営業責任者を務めるEric Gold(エリック・ゴールド)氏
拡大画像表示

 まず、コンテナイメージの作成時に、マルウェアの検出や、アプリケーションの脆弱性の検出ができる。あらかじめ承認済みのベースイメージだけを使ってコンテナイメージを開発することもできる。コンテナイメージの作成時だけでなく、Docker Hubなど各種のレジストリに登録したコンテナイメージに対しても、新たに見つかった脆弱性を定期的にスキャンする。JenkinsなどのCI(継続的インテグレーション)ツールから同機能を利用するためのプラグインも提供する。

 コンテナの運用時にセキュリティを確保する仕掛けも用意している。アプリケーションコンテナの挙動を監視する「Aqua Enforcer」を用意している。サイドカー型のコンテナであり、アプリケーションコンテナとともに配布する。サイドカー型のコンテナを使えない環境では、アプリケーションコンテナのイメージに組み込んで使うモジュール「MicroEnforcer」も用意している。

 Aqua Container Security Platformの導入・運用にあたっての開発支援と技術サポートは、クリエーションラインが担当する。ソフトウェアの販売は、販売代理店であるソフトバンクコマース&サービスが担当する。価格(税別)は、1ノード(KubernatesやDockerのホストの単位)あたり年額27万9000円。

写真2:左から、販売代理店であるソフトバンク&コマースでテクニカルフェローを務める加藤学氏、導入支援サービスを手がけるクリエーションラインで代表取締役CEOを務める安田忠弘氏、開発元であるイスラエルのAqua Security Softwareでテクノロジー・エバンジェリストを務めるLiz Rice(リズ・ライス)氏、イスラエルのAqua Security Softwareでクラウドネイティブセキュリティアドボケートアジアパシフィック&戦略的アカウント営業責任者を務めるEric Gold(エリック・ゴールド)氏、クリエーションラインで取締役CSOを務める鈴木逸平氏写真2:左から、販売代理店であるソフトバンク&コマースでテクニカルフェローを務める加藤学氏、導入支援サービスを手がけるクリエーションラインで代表取締役CEOを務める安田忠弘氏、開発元であるイスラエルのAqua Security Softwareでテクノロジー・エバンジェリストを務めるLiz Rice(リズ・ライス)氏、イスラエルのAqua Security Softwareでクラウドネイティブセキュリティアドボケートアジアパシフィック&戦略的アカウント営業責任者を務めるEric Gold(エリック・ゴールド)氏、クリエーションラインで取締役CSOを務める鈴木逸平氏
拡大画像表示
関連キーワード

コンテナ

関連記事

Special

-PR-

コンテナ環境を守るセキュリティソフト、ソフトバンクコマース&サービスが販売ソフトバンクコマース&サービスは2018年10月25日、Dockerコンテナ環境をマルウェアや不正アクセスなどから守るセキュリティソフト「Aqua Container Security Platform」を発表、同日販売を開始した。導入・運用にあたっての開発支援と技術サポートは、クリエーションラインが担当する。開発会社は、イスラエルのAqua Security Software。

PAGE TOP