[市場動向]

プロティビティ、国内で「プロセスマイニング」のコンサルを開始

独Celonisのツールを活用し、RPAやAIの最適利用を指南

2018年10月26日(金)田口 潤(IT Leaders編集部)

内部監査やリスク管理に関する米コンサルティング大手プロティビティ(Protiviti)の日本法人が「プロセスマイニング(Process Mining)」に関する包括的なコンサルティングサービスに乗り出すことを明らかにした。独セロニス(Celonis)のツールを当面採用する。プロセスマイニングにより企業全体の業務プロセスを可視化したうえで、AIやRPA(Robotic Process Automation)を適用すべきプロセスや非効率なプロセスを発見し、それらの導入や問題解決を支援する。内部統制上、問題があるプロセスの改善もサポートする。

 プロセスマイニングとは、企業内のさまざまな業務システムに蓄積されているイベントログデータから業務プロセスを再構成し、分析可能にする手法/ツールのこと。膨大なイベントログデータをデータ分析の手法を駆使してマイニング(採掘)し、業務プロセスを洗い出す。詳細はこの記事(関連記事:RPAの次に来る"大波"「プロセスマイニング」は何が凄いか)を参照していただきたいが、その仕組みから「ABPD(Automated Business Process Discovery)」とも呼ばれる。

 プロセスマイニングは、実務の担当者にヒアリングしたり、業務遂行状況を観察したりするだけでは明らかになりにくいイレギュラーなプロセスも可視化できるのが利点。加えて個々のプロセスを実行する頻度や時間帯なども明らかにできることなどから、RPAブーム以前から欧米ではプロセスマイニングツールの種類が増え、導入例も増加している。プロティビティも海外では、有力なプロセスマイニングツールを提供する独セロニス(Celonis、図1)との間でコンサルティングパートナー契約を締結し、すでにサービスを提供中だ。

図1:プロセスマイニングツール「Celonis」のイメージ(出典:独セロニス)
拡大画像表示

 日本ではRPAがブームになる一方で、「例外的なプロセスをRPAでうまく処理できない」、「RPAを導入したが、思ったほど効果が上がらない」といった問題も出てきている。そのため日本でもプロセスマイニングに対するニーズが拡大すると見て、プロティビティ日本法人はコンサルティングに乗り出すことにした。2018年10月には、このサービス事業の責任者としてCA Technologiesや日本NCR、ポリコムジャパンなど外資系IT企業の社長を歴任した三ツ森隆司氏を招聘。並行してITコンサルタントやデータ分析のエキスパート数人からなるチームを編成しており、近く顧客開拓に乗り出す計画だ。

 プロティビティが提供を予定するコンサルティングサービスのメニューは次の4系統となっている。

(1)プロセスマイニングツールの実証検証(PoC)や導入支援
(2)業務プロセスの課題分析や課題に対するアプローチの策定・提案
(3)RPAやAI、BPMなどプロセス自動化の支援
(4)KPIや内部統制の継続モニタリングによる業務改善支援

 RPAソフトウェアは各種あるが、(3)において当面、UiPathのRPAソフトウェア「UiPath」を活用する。また、(4)では、プロティビティが企業からイベントログデータを預かり、Celonisで分析するサービスも含む。これを定期的に行うことで、同社が強みを持つ内部統制やリスクマネジメントにも有効としている。

 日本での知名度が高いとはいえないプロティビティだが、同社は世界20カ国、70を超える拠点で、GRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)、経理業務、データ分析などのコンサルティングサービスを提供するグローバル大手である。米フォーチュン誌Fortune1000の60%以上、Fortune Global500の35%以上が同社の顧客だという。

関連キーワード

プロセスマイニング / RPA / AI / Celonis / Protiviti

関連記事

プロティビティ、国内で「プロセスマイニング」のコンサルを開始内部監査やリスク管理に関する米コンサルティング大手プロティビティ(Protiviti)の日本法人が「プロセスマイニング(Process Mining)」に関する包括的なコンサルティングサービスに乗り出すことを明らかにした。独セロニス(Celonis)のツールを当面採用する。プロセスマイニングにより企業全体の業務プロセスを可視化したうえで、AIやRPA(Robotic Process Automation)を適用すべきプロセスや非効率なプロセスを発見し、それらの導入や問題解決を支援する。内部統制上、問題があるプロセスの改善もサポートする。

PAGE TOP