[新製品・サービス]

UiPath、RPAソフトに新版、画面と命令を日本語化

2018年10月29日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

UiPathは2018年10月26日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアの新版「UiPath 2018.3」を発表、同日より提供を開始した。新版では、UiPathの画面の表示と、自動化の処理内容を設定する際に使える各種命令(アクティビティ)を日本語化した。これにより、以前よりも容易に使えるようになった。

 UiPathは、アプリケーションの操作をスクリプト化して自動で実行できるRPAソフトである。アプリケーション捜査の自動化によって業務の生産性や品質を高めることができる。

画面1:日本語化したUiPathの画面(出典:UiPath)画面1:日本語化したUiPathの画面(出典:UiPath)
拡大画像表示

 今回の新版では、UiPathの画面の表示と、自動化の処理内容を設定する際に使える各種命令(アクティビティ)を日本語化した。これにより、以前よりも容易に使えるようになった。

 Word/Excelの操作を自動化する場合に役立つ、Word/Excel向けの各種命令パッケージも新たに用意した。レポート/文書/PDFの作成、文書への画像や表の追加、Excelシートでの指定範囲のコピーと貼り付け、フィルタリングなど、一般的な14種類の各種命令を用意した。

 ロボットによる自動化とエンドユーザーによるデータ入力を両立させる機能も強化した。例えば、自動化の処理中にエンドユーザーがリアルタイムにデータを入力できる「カスタム入力アクティビティ」機能を追加した。自動化処理中のエンドユーザーによるキーボード/マウス入力を有効化/無効化する「ユーザー入力ブロックアクティビティ」も用意した。

 開発した自動化の処理を組織全体で共有・再利用する機能も強化した。例えば、SAPの自動化プロジェクトを作成する場合であれば、ログインやログアウトといった操作を一般化するコンポーネントを再利用できる。コンポーネントは一元管理できるので、組織内に異なるバージョンが混在するといった不具合を防げる。

関連キーワード

UiPath

関連記事

Special

-PR-

UiPath、RPAソフトに新版、画面と命令を日本語化UiPathは2018年10月26日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェアの新版「UiPath 2018.3」を発表、同日より提供を開始した。新版では、UiPathの画面の表示と、自動化の処理内容を設定する際に使える各種命令(アクティビティ)を日本語化した。これにより、以前よりも容易に使えるようになった。

PAGE TOP