システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT東、AWSとAzureを販売開始、クラウドの購入・構築・運用をワンストップで調達可能に

2018年10月29日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTT東日本は2018年10月26日、クラウドサービスとしてAWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureを販売すると発表した。2018年11月1日から販売する。クラウドの構築/運用サービスやクラウドへの閉域ネットワーク接続サービスとあわせ、IT管理者がいない中堅中小企業でもクラウドを利用できるようにする狙いがある。

 NTT東日本は、2018年11月1日からAWSとAzureを販売する。クラウドのアカウントをNTT東日本が作成し、請求を代行する。問い合わせ窓口も設置する。SIサービスとして、導入前のコンサルティングやクラウド環境の構築、導入後の運用保守サービスなども提供する。

図1:クラウドの購入・構築・運用をワンストップで調達できるようにした(出典:NTT東日本)図1:クラウドの購入・構築・運用をワンストップで調達できるようにした(出典:NTT東日本)
拡大画像表示

 既存サービスとしてNTT東日本は、2016年8月から、インターネットを介することなくフレッツ網から直接AWSやAzureに接続するサービス「クラウドゲートウェイ」を提供している。クラウドゲートウェイを利用することによって、AWSやAzureを、より安全に使えるようになる。

 今回、NTT東日本は、クラウドへのネットワーク接続サービスに加えて、接続先となるクラウドサービスの設計・構築・保守を総合的に支援するSIサービスと、クラウドサービスそのものとして、これまで販売していなかったAWSとAzureを販売する。ユーザーは、これらを組み合わせることで、クラウドサービスの購入から構築、運用までをワンストップで調達できるようになる。

関連キーワード

NTT / AWS / Azure / Microsoft / IaaS / 中堅・中小企業

関連記事

NTT東、AWSとAzureを販売開始、クラウドの購入・構築・運用をワンストップで調達可能にNTT東日本は2018年10月26日、クラウドサービスとしてAWS(Amazon Web Services)とMicrosoft Azureを販売すると発表した。2018年11月1日から販売する。クラウドの構築/運用サービスやクラウドへの閉域ネットワーク接続サービスとあわせ、IT管理者がいない中堅中小企業でもクラウドを利用できるようにする狙いがある。

PAGE TOP