[新製品・サービス]

キヤノンITS、機械学習を自動化するDataRobotの導入支援サービスを開始

2018年10月31日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

キヤノンITソリューションズは2018年10月31日、ユーザー企業が機械学習を業務に活用できるようにするSIサービスを提供すると発表した。機械学習を自動化するソフト「DataRobot」(米DataRobot製)の導入支援を中心に、DataRobotと外部システムを連携させるシステム開発サービスなどを提供する。

 ユーザー企業が機械学習を業務に活用できるように支援する。ツールとして、機械学習を自動化するソフトであるDataRobotを利用する。課題設定のワークショップ、DataRobotに投入するデータの作成、評価・分析、予測システムの開発・運用など、DataRobotを使いこなすための支援をする。

図1:キヤノンITソリューションズとDataRobot JapanによるDataRobot導入支援サービスの概要(出典:キヤノンITソリューションズ)図1:キヤノンITソリューションズとDataRobot JapanによるDataRobot導入支援サービスの概要(出典:キヤノンITソリューションズ)
拡大画像表示

 さらに、同社が提供している業務アプリケーションとDataRobotを連携させるシステム構築サービスを提供する。例えば、基幹業務ソフト「AvantStage」や、Webアプリケーションの開発・実行基盤ソフト「Web Performer」などとDataRobotを連携させる。これにより、生産管理システムやデータ分析を高度化できる。

 前提となるDataRobotは、機械学習を用いた予測モデルの作成を自動化するソフトである。分析用のデータさえ用意すれば、データサイエンティストでなくても、予測モデルを簡単に作成できる。Web画面からデータを登録して「何を予測するか」を指定するだけで、真偽の分類や数値の予測などに利用できるモデルを自動で生成する。

関連キーワード

DataRobot

関連記事

Special

-PR-

キヤノンITS、機械学習を自動化するDataRobotの導入支援サービスを開始キヤノンITソリューションズは2018年10月31日、ユーザー企業が機械学習を業務に活用できるようにするSIサービスを提供すると発表した。機械学習を自動化するソフト「DataRobot」(米DataRobot製)の導入支援を中心に、DataRobotと外部システムを連携させるシステム開発サービスなどを提供する。

PAGE TOP