ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、テレワークを支援する機能群をクラウドで提供、PC利用情報などから勤務実態を把握

2018年10月31日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年10月31日、勤務時間の申請/承認や勤務実態の把握など、企業がテレワークを運用するために必要な機能群をクラウド型で提供するサービス「働き方見える化サービスTelework」を発表した。2018年12月3日に提供開始する。価格(税別)は、ユーザーあたり月額250円。

 働き方見える化サービスTeleworkは、テレワークの運用に必要な機能をクラウド型で提供するサービスである。勤務時間を申請/承認する機能、業務内容を報告する機能、パソコンの利用状況を可視化して勤務実態を把握する機能、などを提供する。

図1:勤務実績の画面表示イメージ(出典:NEC)図1:勤務実績の画面表示イメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 特徴の1つは、複数の情報ソースを活用して正確な勤務情報を取得できることである。利用者による業務開始/終了の打刻だけでなく、Skype for Businessのプレゼンス情報、PCの利用情報、顔認証情報なども利用できる。これにより、勤務の申告漏れや長時間勤務などがあっても、これを把握できるとしている。

 PC利用状況データは、開始/終了時間、稼働時間合計などをCSV(カンマ区切り形式)で出力できる。勤怠管理システムの情報の比較や、他システムとのデータ連携ができる。

 背景には、働き方改革が推進される中で、テレワークを導入する企業が増えているという状況がある。テレワークは、企業での柔軟な働き方の実現や、多様な雇用形態を可能にするという点で重要な施策となる。この一方で、勤務時間の実態把握が難しく、長時間勤務の原因となる懸念もある。

関連記事

NEC、テレワークを支援する機能群をクラウドで提供、PC利用情報などから勤務実態を把握NECは2018年10月31日、勤務時間の申請/承認や勤務実態の把握など、企業がテレワークを運用するために必要な機能群をクラウド型で提供するサービス「働き方見える化サービスTelework」を発表した。2018年12月3日に提供開始する。価格(税別)は、ユーザーあたり月額250円。

PAGE TOP