[市場動向]

SAP、RPA機能の強化に向け仏Contextorを買収

2018年11月26日(月)IT Leaders編集部

SAPジャパンは2018年11月22日、独SAPのリリースの抄訳として、RPA(ロボットによる業務自動化)の設計と統合を手がける仏Contextorを買収したと発表した。これにより、「SAP Leonardo Machine Learning」を強化する。

 Contextorの設立は2000年で、RPAソフトウェアの研究開発を専門としているベンダーである。ContextorのRPA技術は、繰り返して実行する定型的な業務を削減する。アプリケーション内の操作だけでなく、アプリケーションをまたがった操作も自動化する。有人型と無人型の両方のRPAに対応している。

 SAPは、Contextorの買収によって、SAP Cloud PlatformおよびSAP Leonardo Machine Learningの対話型AI技術や文書処理機能をRPA技術と統合し、SAPの主要製品に組み込んで提供する。2019年前半にはSAP S/4HANAに統合する予定で、その後に他のSAPアプリケーションにも組み込まれていく。

 SAPは、ContextorのRPA技術を使って、今後3年間でSAP ERPソフトによるビジネスプロセスの半分を自動化する計画である。

関連キーワード

SAP / Contextor / M&A

関連記事

Special

-PR-

SAP、RPA機能の強化に向け仏Contextorを買収SAPジャパンは2018年11月22日、独SAPのリリースの抄訳として、RPA(ロボットによる業務自動化)の設計と統合を手がける仏Contextorを買収したと発表した。これにより、「SAP Leonardo Machine Learning」を強化する。

PAGE TOP