デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

テラスカイ、自社アプリをSalesforceマーケットプレースで販売できるようにするコンサルを開始

2018年11月26日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

テラスカイは2018年11月26日、自社開発アプリをSalesforceのマーケットプレース「Salesforce AppExchange」で提供できるようにするコンサルティングサービスを2018年11月に開始したと発表した。Salesforce AppExchangeでアプリを提供するために必要な計画書の作成から技術支援、開発、保守までを包括的に支援する。販売目標は、今後3年間で30社。

 AppExchangeは、Salesforceのパートナ企業が開発・提供する5000以上のアプリを検索してインストールできるマーケットプレースである。Salesforce製品の機能を拡張するアプリや、特定業界・業種向けのアプリなどがある。

 AppExchangeでアプリケーションを販売するためには、セールスフォース・ドットコムが用意するプログラム参加フローの審査に通る必要がある。この審査には、事業計画書などのドキュメントを作成する必要があるほか、Salesforceとの連携機能の開発またはSalesforce上でのアプリケーション開発、ライセンス管理の設定など、Salesforceに関する技術的な知識を求められる作業が必要になる。

 テラスカイは、これまで複数のAppExchangeアプリケーションを開発・提供してきた実績から、複数の企業から依頼を受け、これらの企業がアプリケーションをAppExchangeで提供する支援を手がけてきた。今回、新たに支援サービスをコンサルティングサービスとして商材化した。

 テラスカイにAppExchange化の支援を受けた事例の1つが、大日本印刷の「DNPパーソナライズドオファー」(画面1)である。Salesforceのマーケティングクラウドの画面上で、DM(ダイレクトメール)の生成から送付までを自動で行えるアプリである。2019年春から提供する。別の事例の1つが、弁護士ドットコムの「クラウドサイン Salesforce版」である。オンライン上で契約締結ができる。2017年10月から提供している。

画面1:DNPパーソナライズドオファーの画面イメージ。Salesforceカスタマージャーニビルダー上に同サービスのDMアイコンを表示している(出典:大日本印刷)
拡大画像表示

 AppExchange化支援サービスの主な内容は、以下のとおり。

  • 事業計画コンサルティング
  • テクニカルコンサルティング
  • 製品開発支援
  • 製品保守やヘルプデスクのサポート
  • マーケティングコンサルティング
  • 販売コンサルティング
関連キーワード

テラスカイ / Salesforce.com / デジタルマーケティング

関連記事

Special

-PR-

テラスカイ、自社アプリをSalesforceマーケットプレースで販売できるようにするコンサルを開始テラスカイは2018年11月26日、自社開発アプリをSalesforceのマーケットプレース「Salesforce AppExchange」で提供できるようにするコンサルティングサービスを2018年11月に開始したと発表した。Salesforce AppExchangeでアプリを提供するために必要な計画書の作成から技術支援、開発、保守までを包括的に支援する。販売目標は、今後3年間で30社。

PAGE TOP