[市場動向]

NTT、変形する物体を少数の画像だけで高精度に認識・検索する技術を開発

2018年11月26日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTは2018年11月26日、布製品などのように変形する物体を少数の画像だけで高精度に認識・検索する技術「変形対応アングルフリー物体検索技術」を開発したと発表した。スマートフォンのカメラなどを通じて商品を高精度に認識できるため、仕分けや在庫管理の効率化やレジ打ち業務の省力化などに役立つ。

 今回NTTが開発した変形対応アングルフリー物体検索技術は、布製品などのように変形してしまう物体を、少数の画像だけで高精度に認識・検索する技術である(図1)。定形の3D物体だけでなく、変形が生じる任意の物体を高精度に認識・検索できるとしている。

図1:変形対応アングルフリー物体検索技術の概要(出典:NTT)図1:変形対応アングルフリー物体検索技術の概要(出典:NTT)
拡大画像表示

 これまでにも少数の確度からの画像だけで物体を認識・検索できる技術はあったが、物体が定形であるという前提に立っていたため、変形する物体では認識精度が低かった。

 一方、学習ベースの方法では、不定形の物体を対象とする場合、変形パターンは無数に存在するため、さまざまな変形を観測した多数の参照画像をあらかじめ準備しないと認識精度が低下するという問題があった。

 今回開発した方法では、幾何学的拘束を、物体全体に適用するのではなく、複数の部分領域ごとに適用する。これにより、変形のパターンが任意の場合でも、少数の画像の登録のみで高精度に認識・検索できるとしている。

 背景には、今後のデジタル社会では、身の回りのモノをスマートフォンなどで撮影した画像を使って認識・検索できる技術が不可欠という状況がある。しかし、定形の3D物体に比べて、軟包装製品や布製品などの不定形の物体は、変形によって画像上の見え方が大きく変わるので、認識精度が低くなってしまう。

関連キーワード

NTT / 画像認識

関連記事

NTT、変形する物体を少数の画像だけで高精度に認識・検索する技術を開発NTTは2018年11月26日、布製品などのように変形する物体を少数の画像だけで高精度に認識・検索する技術「変形対応アングルフリー物体検索技術」を開発したと発表した。スマートフォンのカメラなどを通じて商品を高精度に認識できるため、仕分けや在庫管理の効率化やレジ打ち業務の省力化などに役立つ。

PAGE TOP