ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通、働き方の実態を可視化するサービス、「どんな仕事に誰が何時間かけているか」を把握

Microsoft 365で蓄積されたデータを、業務内容を分類して可視化

2018年11月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2018年11月27日、日本マイクロソフトが提供する「Microsoft 365」のユーザーに向けて、業務内容を分類して可視化するサービス「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額1200円から。販売目標として、2020年までに関連ビジネスを含めて500億円規模を目指す。日本市場を皮切りに、順次グローバルに展開する。

 Microsoft 365は、OSのWindows 10 EnterpriseまたはWindows 10 Business、SaaS型オフィスアプリケーションスイートの「Office 365 EMS(Enterprise Mobility+Security)」で構成されるビジネス環境向けのサービスである。企業でMicrosoft 365を利用することによって、メールや文書のタイトル、スケジュールなどのデータに加えて、PCの利用状況データがクラウドサービスのMicrosoft Azure上に蓄積されていく。

図1:解析データを表示する画面(出典:富士通)図1:解析データを表示する画面(出典:富士通)
拡大画像表示

 Zinrai for 365 Dashboardは、これらのデータを自然言語処理技術や知識処理技術を用いて解析し、業務内容を分類して可視化する(図1)。富士通では、Zinrai for 365 Dashboardの導入支援や、働き方改革に向けたシナリオ作成のコンサルティング、導入後の継続的な効果のモニタリングまで、ユーザーの働き方改革を総合的に支援する。

 Zinrai for 365 Dashboardを使うと、「どのような仕事に、どれだけの時間を費やしているか」を把握できる。このための仕掛けとして、業務内容を、「作業」、「対象」、「テーマ」の3つの角度から解析する(図2)。また、データを可視化するBI(ビジネスインテリジェンス)ソフト「Microsoft Power BI」と連携し、解析結果を可視化して多角的に分析できるようにしている。

図2:業務内容を、「作業」、「対象」、「テーマ」の3つの角度から解析する(出典:富士通)図2:業務内容を、「作業」、「対象」、「テーマ」の3つの角度から解析する(出典:富士通)

 サービス提供に先立ち、2018年7月から富士通社内で実践した。具体的には、富士通社員約2000人のMicrosoft 365のデータやPCの利用状況から、社員ひとり一人が「どのような作業を、どのような目的で、誰と行っているか」を軸に業務内容を分類し、「どのような仕事に、どれだけの時間を費やしているか」を可視化し、さらにダッシュボードで分析、評価した。

 先行して実践した部門では、課題として見えてきた会議やコミュニケーションスタイルの見直しに取り組み、1人あたり平均で1日あたり43分の時間を創出した。これにより、企画業務などに注力することが可能になり、業務全体のうちコア業務の割合を16%増加させた。

 背景には、働き方改革の取り組みが急速に進んでいるという状況がある。一方で、「どのような仕事に、誰が、どれだけ時間を費やしているか」といった働き方の実態を把握する仕組みや、生産性向上に向けた取り組みの効果を定量的に把握・検証する仕組みが乏しかった。

 今後は、Zinrai for 365 Dashboardと、コミュニケーション状況や時間の使い方を分析するサービス「Microsoft Workplace Analytics」を連携させる予定である。これにより、会議や日常のコミュニケーションの質を高めることができるとしている。

関連キーワード

富士通 / Microsoft / Microsoft 365 / Office 365

関連記事

Special

-PR-

富士通、働き方の実態を可視化するサービス、「どんな仕事に誰が何時間かけているか」を把握富士通は2018年11月27日、日本マイクロソフトが提供する「Microsoft 365」のユーザーに向けて、業務内容を分類して可視化するサービス「FUJITSU Workplace Innovation Zinrai for 365 Dashboard」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額1200円から。販売目標として、2020年までに関連ビジネスを含めて500億円規模を目指す。日本市場を皮切りに、順次グローバルに展開する。

PAGE TOP