[事例ニュース]

富山第一銀行、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験

2018年11月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富山第一銀行(富山県富山市)は、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験を2018年11月28日に開始した。2019年4月23日まで実施する。ブロックチェーンの有効性とキャッシュレス決済の有効性を検証する。共同で実証実験に携わるSIベンダーのインテックが2018年11月28日に発表した。

 デジタル通貨名は「First Bank Coin(FBC)」で、富山第一銀行が本店内にデジタル通貨専用の口座を設け、行員が振り込んだ日本円と同額のデジタル通貨(1円=1FBC)を発行する(図1)。

図1:実証実験の概要(出典:インテック)図1:実証実験の概要(出典:インテック)
拡大画像表示

 今回開発したスマートフォンアプリ「First-B Pay」を使って、本店内の売店での商品購入や行員の個人間送金、残高照会ができる。商品購入時は、商品についているQRコードをスマートフォンで読み取ることで決済が完了する(図2)。

図2:行内売店ではQRコードで決済できる(出典:富山第一銀行)図2:行内売店ではQRコードで決済できる(出典:富山第一銀行)
拡大画像表示

 デジタル通貨を処理するブロックチェーンには、全国銀行協会が設置した「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を使う。

 実験の目的は、ブロックチェーンの有効性とキャッシュレス決済の有効性を検証することである。検証の内容は、ブロックチェーンの正確性、キャッシュレス決済の有効性、利用者の操作性、取引情報の履歴確認、デジタル通貨流通量の状態確認、システムの処理性能、運用操作性、拡張性、障害時の回復性など。

関連キーワード

ブロックチェーン / 富山第一銀行 / 富山県

関連記事

Special

-PR-

富山第一銀行、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験富山第一銀行(富山県富山市)は、ブロックチェーン技術を応用した行内デジタル通貨の実証実験を2018年11月28日に開始した。2019年4月23日まで実施する。ブロックチェーンの有効性とキャッシュレス決済の有効性を検証する。共同で実証実験に携わるSIベンダーのインテックが2018年11月28日に発表した。

PAGE TOP