[新製品・サービス]

コーソル、DBA不在の中堅企業に向けて非常駐型のDB監視・復旧サービスを提供、Zabbixを活用

2018年12月4日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コーソルは2018年12月4日、データベース管理者(DBA)が不足している中堅中小企業に対して、遠隔でのリモート接続によって24時間365日データベースシステムを監視するサービス「リモートDBA with Zabbix」を発表、同日提供を開始した。販売目標は、初年度30件、2020年に100件。

 リモートDBA with Zabbixは、データベース管理者がユーザー企業に常駐することなく、リモートからデータベースを監視/管理するサービスである(図1)。オープンソースのシステム監視ソフト「Zabbix」を使って、データベースを監視する。

図1:リモートDBA with Zabbixの導入イメージ(出典:コーソル)図1:リモートDBA with Zabbixの導入イメージ(出典:コーソル)
拡大画像表示

 Zabbixのインストールと、データベースの監視項目の設定は、コーソルが実施する。監視の自動化によって、障害を未然に防ぐとしている。障害発生時には、データベース専門エンジニアがリモートで24時間365日体制で復旧対応する。

 参考価格(税別)は、初期費用が146万円。月額費用が16万5000からで、月10時間分の障害対応が付く。月10時間を超過した分は追加費用となる。

関連キーワード

コーソル / Zabbix / 中堅・中小企業

関連記事

コーソル、DBA不在の中堅企業に向けて非常駐型のDB監視・復旧サービスを提供、Zabbixを活用コーソルは2018年12月4日、データベース管理者(DBA)が不足している中堅中小企業に対して、遠隔でのリモート接続によって24時間365日データベースシステムを監視するサービス「リモートDBA with Zabbix」を発表、同日提供を開始した。販売目標は、初年度30件、2020年に100件。

PAGE TOP