[新製品・サービス]

日立、ソーシング管理ソフトを導入支援サービス込みで提供

2018年12月4日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2018年12月4日、サプライヤの選定や契約管理などのソーシング業務を管理するサービス「TWX-21 Source to Contractサービス」を発表した。米JAGGAERのソーシング管理ソフトと、日立製作所の導入支援サービスを組み合わせて提供する。2019年1月に提供する。価格は、個別見積もり。

 TWX-21 Source to Contractサービスは、サプライヤの選定や契約管理などのソーシング業務を管理するサービスである(図1)。サプライヤの調査から見積もり、交渉、契約までのS2C業務のデジタル化を支援する。米JAGGAERのソーシング管理ソフトを日立グループ内で運用した経験によって得たノウハウをもとに、ソーシング管理ソフトに導入支援サービスを組み合わせて提供する。

図1:TWX-21 Source to Contractサービスの概要(出典:日立製作所)図1:TWX-21 Source to Contractサービスの概要(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 例えば、S2C業務プロセスの改善や標準化を支援する業務コンサルティング、KPIテンプレート設定を含めたワークフローの設計、SEサポート、ユーザーマニュアル/ヘルプデスクの提供など、導入から稼働、保守、運用まで一貫したサービスを提供する(表1)。これにより、S2C業務の可視化、高度化を支援する。

表1:TWX-21 Source to Contractサービスの機能(出典:日立製作所)表1:TWX-21 Source to Contractサービスの機能(出典:日立製作所)
拡大画像表示

米JAGGAERのソーシング管理ソフトは、サプライヤへの要請書であるRFxの作成/回答依頼、契約書の作成/交渉/署名などのソーシング管理の機能に加えて、サプライヤに関わるさまざまな情報からサプライヤをスコアリングする機能を提供する。

 具体的には、コンプライアンスやソーシング案件への対応状況、実案件から蓄積した納期遵守率や不良率などの実績、資格審査やリスク審査結果などの多種多様な情報に基づいて、サプライヤごとにスコアカードを作成、更新する。これにより、継続的かつ多角的にサプライヤを評価できる。

関連記事

Special

-PR-

日立、ソーシング管理ソフトを導入支援サービス込みで提供日立製作所は2018年12月4日、サプライヤの選定や契約管理などのソーシング業務を管理するサービス「TWX-21 Source to Contractサービス」を発表した。米JAGGAERのソーシング管理ソフトと、日立製作所の導入支援サービスを組み合わせて提供する。2019年1月に提供する。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP