[新製品・サービス]

店舗向けQRコード決済アプリ「S!can」、ソフトバンク・ペイメント・サービスが提供

2018年12月5日(水)IT Leaders編集部

ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は2018年12月4日、QRコード決済アプリケーション「S!can(スキャン)」の提供を、2018年12月中に開始すると発表した。店舗を運営する事業者は、スマートフォンやタブレットに同アプリケーションをインストールすることで手軽にQRコード決済サービスを導入できる。

 S!canでは、事業者はスマートフォンやタブレットにアプリケーションをインストールするだけでQRコード決済サービスを導入できる。導入にかかる負担を抑えられる。消費者がスマートフォンの画面に表示したQRコードを、事業者がS!canで読み取ることで決済できる。レジの設置場所などを気にせずにスマートに支払いを完了できる。

 事業者は、SBPSが提供する管理画面でリアルタイムに日々の売り上げをグラフで確認できる。複数の店舗を運営している場合でも、店舗ごとに売り上げの集計ができる。事業者の事務作業における運用負担を軽減できる。

 S!canは、今後のサービス展開の第1弾として、銀聯国際が提供する「銀聯QRコード決済」に対応する。同QRコード決済は、中国を中心に世界で広く使われている決済サービスだ。SBPSは今後、S!canに対応するQRコード決済サービスを拡充するとしている。

関連キーワード

ソフトバンク / モバイル決済

関連記事

Special

-PR-

店舗向けQRコード決済アプリ「S!can」、ソフトバンク・ペイメント・サービスが提供ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は2018年12月4日、QRコード決済アプリケーション「S!can(スキャン)」の提供を、2018年12月中に開始すると発表した。店舗を運営する事業者は、スマートフォンやタブレットに同アプリケーションをインストールすることで手軽にQRコード決済サービスを導入できる。

PAGE TOP