[調査・レポート]

2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増と急成長、ITR調べ

2018年12月12日(水)IT Leaders編集部

独立系ITコンサルティング・調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は2018年12月11日、国内の画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索のAI主要5市場規模推移および予測を発表した。2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増と急成長した。

 ITRによると、2017年度のAI主要5市場の合計売上金額は116億円、前年度比65.2%増と急速な伸びを示した(図1)。各市場ともに、認識精度の向上など技術的な進歩とともに活用用途の多様化が進みつつある。

図1:AI主要5市場規模推移および予測(出典:アイ・ティ・アール)図1:AI主要5市場規模推移および予測(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 主要5市場のなかで市場規模が大きく、今後の伸びが期待できるのが、画像認識と言語解析である。幅広い用途で導入が進みつつあるが、特に需要が高いのが製造業での検品と小売業での各種分析用途である。当面は、これらの用途が市場の伸びを牽引すると見られる。

 言語解析は現状、コールセンターでの活用を中心に導入が進んでいるが、今後幅広い分野に導入が広がるとITRでは予想している。

 AI主要5市場は今後も継続的な伸びが見込まれる。同社は、CAGR(2017~2022年度)は35.6%、2022年度には500億円に達すると予測している。

 ITRでは、「2017年度は画像認識の売上金額が前年度の約3倍になった。2018年度以降も、工場での検品やインフラの点検・保守などのニーズが高まる。構文解析やキーワード抽出、文章要約などの言語解析も、ビジネス現場での実用化が進み、主要5市場を牽引する」という旨のコメントを出している。

関連キーワード

ITR / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増と急成長、ITR調べ独立系ITコンサルティング・調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は2018年12月11日、国内の画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索のAI主要5市場規模推移および予測を発表した。2017年度のAI主要5市場は前年度比65.2%増と急成長した。

PAGE TOP