開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Java開発キットの有償サポートを低価格で、丸紅情報システムズが販売

2018年12月12日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

丸紅情報システムズ(MSYS)は2018年12月12日、米Azul Systemsのビルドおよびサポートと共に提供するオープンソースのJava開発キット(JDK)およびJava仮想マシン(JVM)を国内で販売すると発表した。米OracleのJava環境からAzul SystemsのJava環境に移行することによって、Javaを利用するシステム全体の総コストを抑制できるとしている。MSYSは販売目標として今後3年間で10億円を掲げる。

 丸紅情報システムズ(MSYS)が、米Azul SystemsのJava開発キット(JDK)「Zulu Enterprise」とJava仮想マシン(JVM)「Zing」を国内で販売する。

 Zulu Enterpriseは、Open JDKをベースにAzul SystemsがビルドしたJDKであり、長期間利用できるサポートが付属する。高水準のサポート対応とセキュリティパッチを提供する。一方のJavaVMのZingは、Java SE仕様に準拠したVMで、性能の高さをうたっている。

 Javaを商用利用しているユーザーは、Zulu Enterpriseに移行することによって、米Oracleの商用サポートよりもシステムの維持費用を低く抑えられるという(表1)。低予算でJavaを商用利用したいユーザーに向けて販売する。

表1:Oracle/Azul Systems/OpenJDKの比較
  Oracle Azul Systems OpenJDK
価格 CPU Core総数
有償ライセンス
無制限利用、
有償サポート
無償
サポート体制 24時間365日 24時間365日 コミュニティ
機能開発/
バグ修正
専属の開発部隊 専属の開発部隊/
NISTの定義に従い対応
コミュニティ
ソースコード ほぼ同じ
(一部カスタム機能)
同じ
Java SE互換性 Java SE準拠
(TCK合格)
ベンダー依存
サポート期間 Java8:Mar 2025
Java9:Mar 2018
Java11:Sep 2026
Java8:Mar 2026
Java9:Mar 2020
Java11:Sep 2027
Java8:Dec 2018
Java9:Mar 2018
Java11:Mar 2019
マイグレーション
サポート
あり なし
関連キーワード

Java / Azul Systems / Zulu Enterprise / 丸紅情報システムズ / Oracle

関連記事

Special

-PR-

Java開発キットの有償サポートを低価格で、丸紅情報システムズが販売丸紅情報システムズ(MSYS)は2018年12月12日、米Azul Systemsのビルドおよびサポートと共に提供するオープンソースのJava開発キット(JDK)およびJava仮想マシン(JVM)を国内で販売すると発表した。米OracleのJava環境からAzul SystemsのJava環境に移行することによって、Javaを利用するシステム全体の総コストを抑制できるとしている。MSYSは販売目標として今後3年間で10億円を掲げる。

PAGE TOP