開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

オークネット、IT基盤をPivotal Cloud Foundryに移行、第1弾は中古バイクオークションシステム

2018年12月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オークション事業などを手がけるオークネットは2018年12月13日、事業を支えるIT基盤として、PaaS(クラウド型で提供するアプリケーション開発・運用基盤)サービス「Pivotal Cloud Foundry」(PCF)を導入した。中核事業の1つである中古バイクオークションのシステムから順次、PCFへの移行を始めている。PCFの活用により、新サービスの市場投入の迅速化とIT運用コストの削減の両立を目指す。

 オークネットでは、B2Bオークション取扱量の急激な増加や、ビジネス領域の多角化に伴い、これまで以上に迅速にサービスを展開する必要に迫られていた。こうした背景から、中核となるオークション事業に加え、成長戦略の1つである新規事業拡充を行う上で、IT基盤の全体最適化が必要との結論に達し、高い生産性と低い運用コストの双方を満たすアプリケーション基盤を検討してきた。

 検討の結果、アプリケーションのリリースを自動化することによる開発者の生産性向上や運用効率性の観点から、米Pivotal Software(日本法人はPivotalジャパン)が開発したPaaSサービスであるPivotal Cloud Foundry(PCF)の採用を決定した。こうして、PivotalジャパンとNTTデータの協力の下、PCFを用いてIT基盤を構築した(図1)。PCFを使えば、クラウドアプリケーションを素早く構築して配備できる。

図1:Pivotal Cloud Foundryを活用した、オークネットの次世代ITサービス基盤の概要(出典:オークネット)図1:Pivotal Cloud Foundryを活用した、オークネットの次世代ITサービス基盤の概要(出典:オークネット)
拡大画像表示

 最初のステップとして、オークネットの中核事業の1つである中古バイクオークションのシステムをPCFへ移行した。移行にあたっては、サービスのリリースサイクルを短縮することと、開発と運用のコスト削減を重点領域とした。これを実現するため、PCFの利用に加えて、いくつかのアプローチを採用した。

 まず、継続的インテグレーション/デリバリーツールである「Concourse CI」を利用したて、開発からリリースまでの作業を自動化し、品質を高めた。また、オープンソースのフレームワークである「Spring」を利用してマイクロサービスアーキテクチャを導入した。PaaSソフトウェアを動作させるIaaS基盤として、パブリッククラウド のAmazon Web Services(AWS)を利用した。

 これらのアプローチによって、サービスごとに独立したシステムを構築する方式から、共通機能を部品化し開発効率を高めるという方式へと切り替えた。

 本誌で取り上げたPCFの海外大手企業の事例も併せて参照されたい(関連記事:米空軍、ボーイング、DBS銀行…世界の大手企業・組織がCloud Foundryやアジャイル開発に挑む理由

関連キーワード

PaaS / オークネット / オークション / Pivotal / Cloud Foundry / アジャイル開発

関連記事

Special

-PR-

オークネット、IT基盤をPivotal Cloud Foundryに移行、第1弾は中古バイクオークションシステムオークション事業などを手がけるオークネットは2018年12月13日、事業を支えるIT基盤として、PaaS(クラウド型で提供するアプリケーション開発・運用基盤)サービス「Pivotal Cloud Foundry」(PCF)を導入した。中核事業の1つである中古バイクオークションのシステムから順次、PCFへの移行を始めている。PCFの活用により、新サービスの市場投入の迅速化とIT運用コストの削減の両立を目指す。

PAGE TOP