[新製品・サービス]

日商エレ、RPAおよびOCRエンジニアの育成コースと人材派遣を開始、Blue PrismとABBYY使用

2018年12月14日(金)IT Leaders編集部

日商エレクトロニクスは2018年12月13日、企業におけるデジタルレイバー活用を推進するため、RPA(ロボットによる業務自動化)やOCR(光学文字認識)のトレーニングを行う「デジタルレイバーアカデミー」を2019年1月18日に開設し、エンジニアの派遣サービスを開始すると発表した。英Blue PrismとABBYYジャパンのトレーニングコースを用意する。

 日商エレは、英Blue Prismの公認トレーニングパートナー(ATP)として、同社のRPA製品を利用するためのトレーニングコースを開発した(表1)。実務経験を積んだ講師によるトレーニングとBlue Prismの公式デベロッパー試験の資格取得をサポートする。また、同時にABBYYジャパンが展開するOCR製品である「ABBYY FlexiCapture」のトレーニングコースも開設する。

表1:デジタルレイバーアカデミーのコース概要(出典:日商エレクトロニクス)表1:デジタルレイバーアカデミーのコース概要(出典:日商エレクトロニクス)
拡大画像表示

 デジタルアカデミーでは、RPAエンジニアを目指す求職者も対象としている。受講者はトレーニング後、日商エレのグループ会社で人材派遣サービスを展開するエヌビーアイ(NBI)に登録できる。デジタルレイバーアカデミーの概要は表2のとおりである。

 ここ数年のRPAへの注目の中、高度なエンジニア人材の確保が大きなテーマになってきている。なお、主要RPA製品の特徴はこちらの記事を参照されたい(関連記事RPA製品比較、そしてRPAより働き者と噂の「IPA」を先取り

表1:「デジタルレイバーアカデミー」概要
対象者 企業におけるRPA担当者、RPAエンジニアとして働きたい求職者(未経験者受講可)
内容 Blue Prism社のRPAツールの概要およびベストプラクティスの理解
Blue Prism社の製品を利用したロボット開発
Blue Prism社の公式デベロッパー認定資格の取得支援
価格(税別) 20万円から(求職者についてはNBIへの登録後返金)
申込URL https://www.nissho-ele.co.jp/solution/dlacademy/index.html
関連キーワード

OCR / 日商エレクトロニクス / Blue Prism / ABBYY

関連記事

Special

-PR-

日商エレ、RPAおよびOCRエンジニアの育成コースと人材派遣を開始、Blue PrismとABBYY使用日商エレクトロニクスは2018年12月13日、企業におけるデジタルレイバー活用を推進するため、RPA(ロボットによる業務自動化)やOCR(光学文字認識)のトレーニングを行う「デジタルレイバーアカデミー」を2019年1月18日に開設し、エンジニアの派遣サービスを開始すると発表した。英Blue PrismとABBYYジャパンのトレーニングコースを用意する。

PAGE TOP