[事例ニュース]

ZOZO、海外拠点の会計管理にERPソフト「mcframe GA Global Link」を採用

2018年12月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、会計/ERPパッケージ「mcframe GA Global Link」を使って海外拠点会計管理システムを構築した。ERPソフトの提供元である東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)が2018年12月18日に発表した。

 ZOZO(2018年10月1日にスタートトゥデイから社名変更)グループは、ファッション通販サイトのZOZOTOWNをメインの事業にビジネスを展開している。また、ECサイトの運営支援を行うB2B事業や、ZOZOTOWNおよびWEARの集客力を活用した広告事業なども手がける。

 ZOZOは、海外拠点におけるタイムリーかつ正確な経営数値の把握を目指し、システムの導入を検討していた。この課題を解決できることと、将来的なグローバル化への適合性を評価し、「mcframe GA」を採用した。

 mcframe GAは、東洋ビジネスエンジニアリングが開発した会計/ERPパッケージである。純国産でありながら、すでに世界22の国と地域に500社以上に導入実績があり、多言語、多通貨、多拠点機能を持つという。

 会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備える。この中の「Global Link」モジュールは、海外現地法人の既存業務を変更せずにグローバルグループ管理を実現する機能である。

関連キーワード

ZOZO / グローバル / ERP / EC

関連記事

ZOZO、海外拠点の会計管理にERPソフト「mcframe GA Global Link」を採用ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、会計/ERPパッケージ「mcframe GA Global Link」を使って海外拠点会計管理システムを構築した。ERPソフトの提供元である東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)が2018年12月18日に発表した。

PAGE TOP