[新製品・サービス]

オウケイウェイヴ、FAQチャットボット「OKBIZ. for AI Agent」に新版、質問内容をサジェスト可能に

2018年12月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Q&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴは2018年12月19日、ユーザー企業の顧客をチャットボットによってサポートする製品「OKBIZ. for AI Agent」の新版を発表、同日提供を開始した。オウケイウェイヴのAI技術とユーザー企業のFAQ(よくある質問とその回答)情報を組み合わせたチャットボットが顧客をサポートする。

 OKBIZ. for AI Agentは、オウケイウェイヴが開発したAI技術「KONAN」を搭載し、顧客が入力した問い合わせに適した回答を自動で応答するチャットボット製品である。特徴の1つは、顧客が入力した問い合わせ内容が曖昧だった場合に、補足入力を求める「聞き返し」を行い、顧客の課題を絞り込むことである。

 新版では、質問内容が曖昧でも解決策を推測し、回答候補のFAQや入力内容に関連する語句を自動的にサジェスト(示唆)するようにした(画面1)。「聞き返し」の際に顧客は困りごとを整理できるため、入力の手間を軽減できる。

画面1:OKBIZ. for AI Agent新版の画面。質問内容が曖昧でも解決策を推測し、回答候補のFAQや入力内容に関連する語句を自動的にサジェスト(示唆)する(出典:オウケイウェイヴ)画面1:OKBIZ. for AI Agent新版の画面。質問内容が曖昧でも解決策を推測し、回答候補のFAQや入力内容に関連する語句を自動的にサジェスト(示唆)する(出典:オウケイウェイヴ)

 新版ではまた、キーワードチューニング機能を強化した。導入企業独自の用語や固有名詞など、優先して表示したいキーワードの重み付けを管理画面にて簡単に設定できるようにした。

 なお、OKBIZ. for AI Agentに搭載しているAI技術のKONANは、オウケイウェイヴが運営するQ&Aサイト「OKWAVE」で蓄積した3600万件以上の「質問」と「回答」で構成する様々なジャンルのQ&Aデータを機械学習し、一般的な単語の関連性や様々な言い回し、悩みと解決策の関連性を知識化して保持しているという。このため、AIの知識がない企業でも簡単に導入できるとしている。また、オウケイウェイヴのFAQ製品「OKBIZ. for FAQ」と併用することにより、追加・更新するFAQデータを随時、自律的に追加学習できる。

関連キーワード

オウケイウェイヴ / チャットボット

関連記事

オウケイウェイヴ、FAQチャットボット「OKBIZ. for AI Agent」に新版、質問内容をサジェスト可能にQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴは2018年12月19日、ユーザー企業の顧客をチャットボットによってサポートする製品「OKBIZ. for AI Agent」の新版を発表、同日提供を開始した。オウケイウェイヴのAI技術とユーザー企業のFAQ(よくある質問とその回答)情報を組み合わせたチャットボットが顧客をサポートする。

PAGE TOP