[新製品・サービス]

TED、組み込み用Windows 10を用いたシンクライアント化サービス、OS自動更新を回避可能

2019年1月10日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京エレクトロンデバイス(TED)は2019年1月10日、既存の業務用PCを組み込み用のWindows OSでシンクライアント化するサービス「業務端末シンクライアント化サービス」を発表、同日提供を開始した。最大の特徴は、OS機能の自動アップデートを回避して、OSの機能を固定したまま利用できることである。

 TEDの業務端末シンクライアント化サービスは、既存の業務用PCをシンクライアント化するサービスである(図1)。方法として、既存PCのOSを「Windows 10 IoT Enterprise」に入れ替え、さらにシンクライアント端末用途にカスタマイズする。ハードウェアは、ハードディスクをSSDに変更したり、メモリーを増設したりして、既存PCの資産を生かしたままシンクライアント化する。

図1:組み込み用のWindows 10を用いて既存PCをシンクライアント化する(出典:東京エレクトロンデバイス)図1:組み込み用のWindows 10を用いて既存のPCをシンクライアント化する(出典:東京エレクトロンデバイス)

 シンクライアント(画面情報端末)は、遠隔地にあるWindows PCの画面をリモートから遠隔操作する端末である。シンクライアントのOSとしてWindows 10を用いるが、シンクライアントの使い方に特化することによって、シンクライアント側にデータを置く必要がなくなるため、リモートワーク時の情報漏洩を防止できる。

 シンクライアントのOSとして採用したWindows 10 IoT Enterpriseは、Windows 10の組み込み用途エディションである。通常のWindows 10と比べた最大の特徴は、OS機能の自動アップデートを回避できることである。これにより、OSのバージョンアップによって、既存のアプリケーションが動作しなくなるといったトラブルを防ぐ。

 ユーザー企業にあわせてOSのマスターイメージを作成するサービスも提供する。デスクトップ画面の変更、OS起動直後にユーザーの業務システムに自動で接続する設定、セキュリティ対策としてのポリシー設定、などが可能である。OSの入れ替えやカスタマイズは、IT/コールセンター事業などを手がけるファム(本社:横浜市)の協力によって実施する。

 想定する主な用途は、旧OSであるWindows 7(2020年1月14日にサポートが終了)を搭載したPCをシンクライアント化すること。また、汎用のWindows 10を搭載したPCをWindows 10 IoT Enterpriseに移行してセキュア端末化する用途なども想定している。

 価格(税別)は、OSのマスターイメージ作成費用が1マスターあたり35万円から。マスターイメージを使って既存のPCをシンクライアント化する費用は、OSのライセンス費込みで1台あたり2万円から。

関連キーワード

シンクライアント / 東京エレクトロンデバイス / 組み込み / Windows 10

関連記事

Special

-PR-

TED、組み込み用Windows 10を用いたシンクライアント化サービス、OS自動更新を回避可能東京エレクトロンデバイス(TED)は2019年1月10日、既存の業務用PCを組み込み用のWindows OSでシンクライアント化するサービス「業務端末シンクライアント化サービス」を発表、同日提供を開始した。最大の特徴は、OS機能の自動アップデートを回避して、OSの機能を固定したまま利用できることである。

PAGE TOP