[調査・レポート]

ERPは5%以下で、CRM/SFAは28%─矢野経済研究所のSaaS利用率調査

2019年1月23日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

矢野経済研究所は2019年1月23日、ERP(統合基幹システム)やCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)など業務システムにおけるSaaSの利用率に関する調査結果を発表した。ERPのSaaS利用率は財務・会計で2.8%、人事・給与で5.0%と横ばいが続いている一方、CRM/SFAのSaaS利用率は28.0%と順調に上昇している。

 矢野経済研究所は、2018年7月から11月にかけて、国内の民間企業を対象に、業務ソフトウェアの導入実態に関する郵送アンケート調査を実施し、528件の回答を得た。ERP(財務・会計、人事・給与、販売管理、生産管理・SCM)やCRM/SFAを現在導入している企業に、SaaSを利用しているかどうかを質問した(図1)。

図1:SaaSの利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定(出典:矢野経済研究所)図1:SaaSの利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定(出典:矢野経済研究所)
拡大画像表示

 財務・会計システムを導入している495社、人事・給与システム導入483社のうち、SaaSを現在利用している比率は、財務・会計で2.8%、人事・給与5.0%となった。ERPにおいては、2012年の調査開始以降、利用率は概ね横ばいで推移している。

 SaaS利用率は短期的に大きく伸びる傾向は見られないが、調査結果からは将来的には利用したいという意向がうかがえ、長期的には緩やかに増加していくと矢野経済研究所は見込む。ただし、SaaSよりも、システム基盤にクラウド(IaaS/PaaS)を利用する利用形態のほうが先行して拡大していくという。

 一方、CRM/SFAを導入している132社では、SaaSの利用率が28.0%に達した。過去の調査結果と比較しても、SaaS利用率は順調に上昇している。CRM/SFAについては、今後ともSaaSを中心に導入が進む見通しである。なお、これらのSaaS利用率は、アプリケーションを利用するパブリッククラウドのSaaSを対象としている。システム基盤だけをクラウド(IaaS/PaaS)とする利用形態は対象としていない。

 矢野経済研究所ではさらに、今後システムの導入・更新計画がある企業(財務・会計165社、人事・給与89社、販売管理146社)に対して、予定している導入形態について質問した。

 SaaSでの導入を予定している回答した比率は、財務・会計システムで9.1%、人事・給与システムで9.0%、販売管理で4.1%だった。高い比率ではないが、財務・会計と人事・給与では1割程度を占めており、今後システム更新のタイミングではSaaSを検討する機会は増えるだろうと同社は見ている。

 販売管理システムや生産管理システム、SCM(サプライチェーン管理システム)については、企業ごとに業務内容が大きく異なる。一方で、財務・会計システムと人事・給与システムについては、企業による差が小さいため、ベンダーにとってはよりSaaSで提供しやすい。ベンダーが提供するSaaSの種類も徐々に増えてきており、長期的には緩やかに上昇していくと見込む。

 本調査の詳細は、矢野経済研究所が2018年12月に発行した『ERP/業務ソフトウェアの導入実態 2019』(A4判、265ページ)に掲載されている。定価(税別)は18万円。

関連キーワード

矢野経済研究所 / SFA / CRM / ERP / SCM / SaaS / 市場調査

関連記事

Special

-PR-

ERPは5%以下で、CRM/SFAは28%─矢野経済研究所のSaaS利用率調査矢野経済研究所は2019年1月23日、ERP(統合基幹システム)やCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援)など業務システムにおけるSaaSの利用率に関する調査結果を発表した。ERPのSaaS利用率は財務・会計で2.8%、人事・給与で5.0%と横ばいが続いている一方、CRM/SFAのSaaS利用率は28.0%と順調に上昇している。

PAGE TOP