アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT東日本、AI-OCRとRPAを組み合わせて提供、紙帳票のデータ化からシステム投入まで自動化

2019年1月23日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTT東日本は2019年1月23日、手書き文字を含めて96%以上の認識率を実現したAI-OCR(光学文字読み取り)サービス「AIよみと~る」を発表、同日提供を開始した。NTT東日本はまた、RPAソフト「WinActor」にサポートを付与した「おまかせRPA」も提供すると発表した。これらを組み合わせることで、紙帳票のデータ化からシステム投入までを自動化できる。

 AIよみと~るは、クラウド型で利用できるAI-OCR(光学文字読み取り)サービスである。ディープラーニング(深層学習)や、歪み・傾きの補正機能によって読み取り箇所を的確に検出する機能によって、高い文字認識率を実現したとしている(図1)。Webブラウザ画面から、読み取り結果の確認や、人手による文字の修正などができる。AIよみと~るでは、AI insideのAI技術を利用している。

図1:AIよみと~るの概要。AI-OCRで手書き文字もテキスト化できる(出典:NTT東日本、AI inside)
拡大画像表示

 NTT東日本では、AIよみと~るとRPAを組み合わせて使うことを推奨している。これにより、紙帳票のデータ化からシステム投入までを自動化できるようになる。RPAソフトのWinActorに、エンジニアが訪問して実施するソフトウェア初期設定サポートや、利用開始後のトラブル解決や操作説明を電話や遠隔ツール経由で実施するアフターサポートを付けて提供する(図2)。

図2:AIよみと~るとおまかせRPAのサービス提供範囲(出典:NTT東日本、AI inside)図2:AIよみと~るとおまかせRPAのサービス提供範囲(出典:NTT東日本、AI inside)
拡大画像表示

 NTT東日本が実施した、AIよみと~るとおまかせRPAのトライアル結果(2018年度第2四半期)は、表1の通り。製造業のC社は、活字文字で99.7%、手書き文字で96.1%の高い認識率を達成した。同社は、RPAによって作業時間も47%削減した。

表1:NTT東日本が実施した、AIよみと~るとおまかせRPAのトライアル結果(2018年度第2四半期)(出典:NTT東日本、AI inside)表1:NTT東日本が実施した、AIよみと~るとおまかせRPAのトライアル結果(2018年度第2四半期)(出典:NTT東日本、AI inside)
拡大画像表示

 料金(税別)は、基本額(6万項目まで)が月額10万円。1カ月で6万項目を超える場合は、ブランクとチェックボックスの読み取りが1項目あたり0.5円、これ以外(テキストなど)が1項目あたり1円。オプションで提供する「帳票仕分機能」は、基本額(項目数と仕分枚数の合算値が1カ月あたり6万まで)が月額2万円。1カ月で6万を超える場合は、1つあたり1円。

関連キーワード

OCR / NTT / AI-OCR

関連記事

NTT東日本、AI-OCRとRPAを組み合わせて提供、紙帳票のデータ化からシステム投入まで自動化NTT東日本は2019年1月23日、手書き文字を含めて96%以上の認識率を実現したAI-OCR(光学文字読み取り)サービス「AIよみと~る」を発表、同日提供を開始した。NTT東日本はまた、RPAソフト「WinActor」にサポートを付与した「おまかせRPA」も提供すると発表した。これらを組み合わせることで、紙帳票のデータ化からシステム投入までを自動化できる。

PAGE TOP