[新製品・サービス]

Salesforceのバックグラウンド操作をRPAで、UiPathが接続ツールを無償提供

2019年1月25日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米UiPathの日本法人は2019年1月25日、RPAソフトウェア「UiPath」とセールスフォース・ドットコムの営業支援クラウドサービス「Salesforce Sales Cloud」を接続するツール「Connector for Sales Force Automation」を発表、同日提供を開始した。同ツールを使えば、APIを介したSalesforce Sales Cloudの操作をUiPathで自動化できる。第1号ユーザーとして三井住友カードが試験運用中である。

 Connector for Sales Force Automationは、RPAソフトのUiPathと、Salesforce Lightning Platformを、SalesforceのAPIで連携させるコネクタである。Sales Cloudに対する操作(データの追加、削除、更新、取得)を自動化できる。

 従来、UiPathユーザーがこれらの操作を自動化する際は、GUIベースでロボットを開発して実行していた。しかし、この方法では、Sales CloudのアップグレードやカスタマイズによってGUIが変わった際に、ロボットも作り変える必要があった。

 一方、Connector for Sales Force Automationは、GUI操作ではなくAPI連携によって動作するため、APIの仕様が変更されない限り、GUIの変更に左右されることなく、開発済みのロボットを実行し続けることができる。

 また、Sales Cloudへのログイン操作を含めて自動化できるため、Sales Cloudの画面を立ち上げることなく操作できる。ユーザーは、処理終了後にSales Cloudを立ち上げるだけで、最新の情報にアクセスできる。

 データ入力などの作業も大幅に高速化できる。例えば、Sales Cloudで数十個の登録項目がある取引先情報更新を行う場合、手作業では数十分かかる。GUIベースで開発したロボットでも、ある程度の処理時間が必要。一方、APIベースなら数十秒の時間で処理できる。

 Connector for Sales Force Automationは、UiPathユーザーに対して無償で提供する。インストールは数分で完了する。ロボット開発の時間も短縮できる。従来のGUIベースでは、人による操作をレコーディングする作業に数時間を要していた。これを1時間程度で開発できるようになる。

関連キーワード

UiPath / Salesforce.com

関連記事

Special

-PR-

Salesforceのバックグラウンド操作をRPAで、UiPathが接続ツールを無償提供米UiPathの日本法人は2019年1月25日、RPAソフトウェア「UiPath」とセールスフォース・ドットコムの営業支援クラウドサービス「Salesforce Sales Cloud」を接続するツール「Connector for Sales Force Automation」を発表、同日提供を開始した。同ツールを使えば、APIを介したSalesforce Sales Cloudの操作をUiPathで自動化できる。第1号ユーザーとして三井住友カードが試験運用中である。

PAGE TOP