[新製品・サービス]

大塚商会、サポート込みの月額制でRPAソフト「WinActor」を提供するサービス

2019年1月29日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

大塚商会は2019年1月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」をサポートサービス込みで月額制で提供するサービス「たよれーる WinActor」を発表した。2019年3月1日から販売する。価格(税別)は、月額12万8000円。販売目標は、2019年末までに60契約。

 たよれーる WinActorは、RPAソフトのWinActor(NTTアドバンステクノロジ製)を、サポート/サービス込みで月額制で提供するサービスである。WinActorのライセンスを月額制で提供するとともに、大塚商会のコンタクトセンターによる電話とメールを介したサポートサービスと、大塚商会の技術者による年間3回の訪問指導をセットで提供する。

 背景には、中堅・小規模オフィスがRPAソフトを導入するのは難しい、という状況がある。RPAソフトの導入にあたって、対象業務の整理や、利用者・開発者・管理者の養成、実際のロボット開発のノウハウ、開発したロボットの維持管理、などが課題となっている。

関連キーワード

大塚商会 / WinActor

関連記事

大塚商会、サポート込みの月額制でRPAソフト「WinActor」を提供するサービス大塚商会は2019年1月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「WinActor」をサポートサービス込みで月額制で提供するサービス「たよれーる WinActor」を発表した。2019年3月1日から販売する。価格(税別)は、月額12万8000円。販売目標は、2019年末までに60契約。

PAGE TOP