[新製品・サービス]

TIS、Oracle DBのクラウド移行と移行後の運用を請け負うSIサービス

2019年1月29日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2019年1月29日、オンプレミスで稼働しているOracle Databaseをパブリッククラウドに移行し、バックアップや監視など移行後の運用までをワンストップで提供するサービス「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」を発表した。価格(税別)は、アセスメントサービスで50万円からなど。販売目標は、2023年までに100社。

 Oracle DB クラウドマイグレーションサービスは、オンプレミス環境で動作しているOracle Databaseをクラウド(IaaS)環境に移行し、移行後の運用管理を含めてワンストップで提供するSIサービスである(図1)。移行先のIaaSとして、AWS(Amazon Web Services)やOracle Cloudなどを想定する。

図1:Oracle DBクラウドマイグレーションサービスのサービス概要図(出典:TIS)図1:Oracle DBクラウドマイグレーションサービスのサービス概要図(出典:TIS)
拡大画像表示

 現行のシステム基盤をTISがアセスメントを行い、クラウドへ移行する基本方針と実行計画を策定する。移行では、IaaSの構築/移行に加え、Oracle Databaseの移行やバージョンアップなども一貫して実施する。運用サービスでは、IaaS環境とOracle Databaseを統合的に監視する。

 アセスメントから構築、運用まで、移行のフェーズに合わせて4つのメニューを用意した。

 (1)「アセスメントサービス」は、現行のシステムをアセスメントし、クラウド環境へ移行するための方針と実行計画を作成する。現行のリソースを確認し、クラウドのリソースやソフトウェアライセンスのコストを最適化する。また、各機能への影響調査なども行い、どのシステムを、いつ、どのように、いくらでクラウド環境へ移行するのかを検討する。価格は、50万円から。

 (2)「クラウド環境移行サービス」は、実行計画に基づいて、Oracle Databaseを含めてクラウド環境に移行する。必要に応じてOracle Databaseのバージョンアップも実施する。同時に、クラウド環境における運用方法を検討し、IaaS環境とOracle Databaseの運用監視方法について検討する。価格は、100万円から。

 (3)「運用サービス」は、クラウド環境へ移行した後、IaaS環境とOracle Databaseを合わせて統合的に監視・管理する。TISのITアウトソーシング拠点「MSCC(Managed Service Control Center)」のサービスを利用すれば、24時間365日体制でシステム監視やリモート操作対応などが可能である。価格は、月額2万円から。

 (4)「セキュリティ対策サービス」は、不正アクセスなどの早期発見のため、クラウド環境へのアクセス監査を行い、ガバナンスを支援する。価格は、個別見積もり。

関連キーワード

TIS / Oracle / DBMS / マネージドサービス / クラウド移行

関連記事

Special

-PR-

TIS、Oracle DBのクラウド移行と移行後の運用を請け負うSIサービスTISは2019年1月29日、オンプレミスで稼働しているOracle Databaseをパブリッククラウドに移行し、バックアップや監視など移行後の運用までをワンストップで提供するサービス「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」を発表した。価格(税別)は、アセスメントサービスで50万円からなど。販売目標は、2023年までに100社。

PAGE TOP