[新製品・サービス]

NEC、顔画像に頼らない人物照合技術を開発、服装や体型などの外観から人物を照合

2019年2月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2019年2月7日、人物の服装や体型などの外観から人物を照合できる「人物照合技術」を開発したと発表した。顔や体の一部が見えない人物や、後ろ向きや横向きの人物でも照合できる。顔画像に頼らなくても人物を照合できるとしている。

 NECが開発した人物照合技術は、カメラに写った人物の服装や体型などの外観を分析し、同一人物か異なる人物かを判定する。NECがこれまで顔認証技術などによって培った映像解析技術とディープラーニング(深層学習)技術によって、顔画像だけに頼らない人物照合技術を開発したとしている(図1)。

図1:カメラから見えない部分がある人物でも照合できる(出典:NEC)図1:カメラから見えない部分がある人物でも照合できる(出典:NEC)
拡大画像表示

 これまでは、カメラ映像から人物を照合する場合、顔認証技術だけでは横向きや後ろ向きといった、顔が見えない人物に対応できないケースがあった。これを解決する手段として、顔認証技術による人物の判定後に、その人物の外観を複数のカメラ間で照合する方法が考えられてきた。しかし、施設内のように多数の人々や椅子、カウンターなどの遮へい物がある場合、把握したい人物の一部がカメラから見えない場合がある。この場合、照合が困難だった。

 今回の技術を使うと、人や遮へい物が多く、人物の顔や体の一部が見えないような場所でも、広範囲で人物を把握できるようになる。応用例として、大規模施設内の警備支援や、顔認証技術と組み合わせた迷子などの人物捜索といったサービスを想定している。

 特徴の1つは、カメラから見えない部分がある人物でも、照合できること。深層学習技術にNEC独自の工夫を行い、人混みや物陰がある環境など、人と人、人と物の重なり、人物映像にカメラから見えない部分がある場合でも、その他の部分を自動的に選択し、それに基づいて人物を照合する。人物照合率は約9割としている。

 もう1つの特徴は、横向きや後ろ向きの人物でも照合できること。深層学習技術を効果的に利用することによって、複数のカメラで撮影した後ろ向きや横向きなどの様々な角度の人物を照合するとしている。これによって、顔が見えない場面でカメラ映像だけを用いた人物の照合を実現したという。

関連キーワード

ディープラーニング

関連記事

NEC、顔画像に頼らない人物照合技術を開発、服装や体型などの外観から人物を照合NECは2019年2月7日、人物の服装や体型などの外観から人物を照合できる「人物照合技術」を開発したと発表した。顔や体の一部が見えない人物や、後ろ向きや横向きの人物でも照合できる。顔画像に頼らなくても人物を照合できるとしている。

PAGE TOP