バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

中小向けOracle専用機を丸ごとバックアップできるソフト、サイバートラストが提供

2019年2月15日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サイバートラストは2019年2月15日、Oracle Database Applianceのデータをバックアップできるイメージバックアップソフト「MIRACLE System Savior for ODA」(MSS for ODA)を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、32万4800円から。

 Oracle Database Appliance(ODA)は、ラックマウント型サーバー機で実装した、中小企業向けのデータベース専用機である。容易かつ安価にOracle Databseを導入できる。サイバートラストは今回、簡便にODAのシステム全体をバックアップする需要に向けて、イメージバックアップソフトのMIRACLE System SaviorをODA向けに提供する。

 MIRACLE System Saviorは、OSやファイルシステムを含めたシステムイメージ全体を丸ごとバックアップする、イメージバックアップソフトである。バックアップ対象のシステムを停止した状態で、専用の起動用CD-ROM(起動OSはLinux)からバックアップソフトを起動し、CUIメニューからディスク領域を指定してバックアップ/リストアする(画面1)。

画面1:MIRACLE System SaviorのCUI画面(出典:サイバートラスト)画面1:MIRACLE System SaviorのCUI画面(出典:サイバートラスト)
拡大画像表示

 MIRACLE System Saviorの特徴は、多機能よりも多環境で使えることを重視していることである。機能をシステムイメージのコールドバックアップに特化させたことで、幅広い環境を確実にバックアップ/リカバリできるようにしている。Windows、Linux、仮想環境(VMware、Hyper-V、KVM)の各種ファイルシステムを参照できる。ストレージも、ローカル接続だけでなくFC-SAN環境をバックアップできる。

 今回提供を始めるMIRACLE System Savior for ODAでは、Oracle Database Applianceのバックアップのため、Linuxのmdraidを用いたソフトウェアRAIDに対応した。通常のMIRACLE System Saviorの場合、mdraidを構築しているディスクについては、ddコマンドでパーティション全体をバックアップする必要があった。MIRACLE System Savior for ODAでは、使用ブロックだけをバックアップ対象にできるので、バックアップイメージの削減とバックアップ時間の短縮ができる。

 MIRACLE System Savior for ODAの提供にあたっては、Oracle Database Appliance の販売で実績があるアシストの協力で、Oracle Database Applianceの実機を用いた共同検証を実施した。MSS for ODAを使って、Oracle Database Applianceのシステムバックアップができること、および、システムイメージから確実にシステムを復旧できることを実証した。

関連記事

Special

-PR-

中小向けOracle専用機を丸ごとバックアップできるソフト、サイバートラストが提供サイバートラストは2019年2月15日、Oracle Database Applianceのデータをバックアップできるイメージバックアップソフト「MIRACLE System Savior for ODA」(MSS for ODA)を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、32万4800円から。

PAGE TOP