バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

EMCジャパン、データバックアップストレージを強化、Alibaba Cloudにデータを退避可能に

2019年2月25日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デルとEMCジャパンは2019年2月25日、データバックアップ用途のストレージハードウェア2製品を強化したと発表した。「Dell EMC Data Domain」と「Integrated Data Protection Appliance」(IDPA)である。いずれも、長期保管データをクラウドに保存する「Cloud Tier」機能で使えるクラウドストレージを増やした。

 Dell EMC Data Domain(Data Domain、写真1)とIntegrated Data Protection Appliance(IDPA)は、いずれも、データバックアップ用途のストレージハードウェアである(関連記事1バックアップNAS「Data Domain」にエントリ新機種「DD3000」、クラウドに保存可能に関連記事2Dell EMC、重複排除付きのデータ保護専用ストレージ「IDPA DP4400」を販売)。

写真1:Data Domainの外観(ラック)写真1:Data Domainのラック外観(出典:デルとEMCジャパン)
拡大画像表示

 いずれも、重複排除機能を備えており、物理容量を超えた大量のデータをバックアップできる。長期保存データをクラウドストレージに退避させる「Cloud Tier機能」なども備えている。

 今回の機能強化では、Cloud Tier機能で使えるクラウドストレージを増やした。新たに、Google Cloud PlatformとAlibaba Cloudを使えるようにした。これまでも使えていたクラウドストレージは、AWS、Azure、Dell EMC ECS、Virtustream、Ceph、IBM Cloud Open Storage、AWS Infrequent Access、Azure Cool Blob storage、Azure Government Cloud、である。

 製品別では、IDPAは、全モデルにおいて、パブリッククラウドを利用したDR(災害時復旧)機能を使えるようにした。サイト障害が発生した場合でも、クラウド上の環境を使ってフェールオーバーし、問題解消後にフェールバックできる。今回の強化により、Data DomainとIDPAの全モデルでクラウドを利用したDR機能を使えるようになった。

 Data Domainについては、エントリーモデルである「Data Domain DD3300」の容量の選択肢を増やした。これまで提供してきた4T/8T/16Tバイトの3つに、新たに8Tバイトの容量モデルを追加した。ハードウェアも強化しており、10Gビットイーサネットを使えるようにしたほか、FibreChannel(FC)を介してVTL(仮想テープライブラリ)にバックアップできるようにした。

 Data Domain DD3300の8Tバイト容量モデルの価格(税別)は、215万1000円で、2019年2月25日から提供する。

関連キーワード

Dell EMC / バックアップ / BCP/DR / AWS / Alibaba / Google Cloud Platform

関連記事

Special

-PR-

EMCジャパン、データバックアップストレージを強化、Alibaba Cloudにデータを退避可能にデルとEMCジャパンは2019年2月25日、データバックアップ用途のストレージハードウェア2製品を強化したと発表した。「Dell EMC Data Domain」と「Integrated Data Protection Appliance」(IDPA)である。いずれも、長期保管データをクラウドに保存する「Cloud Tier」機能で使えるクラウドストレージを増やした。

PAGE TOP