[事例ニュース]

オリンパス、AI/IoTサービスの提供基盤にAzureを採用、機器の遠隔保守や遠隔医療に利用

2019年3月1日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

オリンパスは、AIとIoTを活用したサービス群を顧客に提供するにあたり、サービスの稼働基盤としてパブリッククラウドサービスのMicrosoft Azureを採用した。精密機器のリモート保守、遠隔医療、内視鏡画像の分析などにAzureクラウドを活用する。日本マイクロソフトが2019年3月1日に発表した。

 精密機器や医療機器などの大手メーカーであるオリンパス。同社は現在、医療、科学、映像などの事業分野において、AIやIoTを活用した各種のサービスの提供を計画している。既存の製品サービスの付加価値を高めるサービスを計画しているほか、新規ビジネスも開拓していく。

 現在、オリンパスがMicrosoft Azure上で展開している主なプロジェクトは、以下のとおり。

 (1)「Olympus Scientific Cloud」(画面1)は、顧客に納入した各種センサーや非破壊検査用デバイスをAzureに常時接続して遠隔で管理するIoTサービスである。ソフトウェアの更新、大量データのバックアップ、データの可視化などの機能を提供する。今後は、予兆保全なども視野に入れている。

画面1:Olympus Scientific Cloudのサービスポータル画面(https://www.olympus-osc.com/)

 (2)「AIを活用した工業用内視鏡プロジェクト」は、工業用内視鏡で撮影したジェットエンジンの内部画像から、損傷の有無や損傷箇所を自動で検知するプロジェクトである。米Microsoftが提供しているオープンソースのディープラーニング(深層学習)ライブラリ「CNTK」(Cognitive Toolkit)を用いる。

 (3)「MedPresence」は、手術の効率を高めるための遠隔医療支援サービスである。医療機関が求めるセキュリティを備えているという。

関連キーワード

オリンパス / Azure / IaaS / Microsoft

関連記事

Special

-PR-

オリンパス、AI/IoTサービスの提供基盤にAzureを採用、機器の遠隔保守や遠隔医療に利用オリンパスは、AIとIoTを活用したサービス群を顧客に提供するにあたり、サービスの稼働基盤としてパブリッククラウドサービスのMicrosoft Azureを採用した。精密機器のリモート保守、遠隔医療、内視鏡画像の分析などにAzureクラウドを活用する。日本マイクロソフトが2019年3月1日に発表した。

PAGE TOP