[事例ニュース]

多摩市がAI-OCRとRPAの実証実験、住民税や児童手当など特定時期に増える作業を自動化

2019年3月4日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京都多摩市は、AI-OCR(光学文字認識)とRPA(ロボットによる業務自動化)を組み合わせた業務自動化の実証実験を開始した。実験期間は2019年3月から7月まで。住民税関連業務など3業務に適用し、業務の効率化や正確性の向上を図る。インテックとUiPathが2019年3月4日に発表した。

 多摩市は、特定の時期に作業量が膨大に増える業務があり、長時間勤務の一因となっている。そこで、定型業務を自動化する仕組みの導入に向けて、実証実験を開始した。業務の効率化や正確性の向上を図るのが狙い。ツールとして、帳票から文字を読み取ってデータ化するAI-OCRと、定型業務を自動化するRPAを導入する(図1)。RPAソフトには、UiPathが販売する「UiPath」を使う。

図1:項目認識AIを用いたOCRとRPAを組み合わせた業務自動化のイメージ(出典:インテック)図1:項目認識AIを用いたOCRとRPAを組み合わせた業務自動化のイメージ(出典:インテック)
拡大画像表示

 実験期間は、2019年3月から7月まで。実験の対象業務は、特定の時期に作業量が膨大に増える業務として、住民税関連業務(課税課)、児童手当関連業務(子育て支援課)、保育園入所申請書入力業務(子育て支援課)の3つを予定している。

 採用する技術の1つ、AI-OCRの特徴は、非定型様式の帳票をデジタル化できることである。AIが非定型帳票に含まれる項目を認識するため、どの位置にどの項目があるかを指定しておかなくても項目と値を抽出してひも付けることができる。AIエンジンとして、インテックが研究開発中の独自エンジンを使う。

関連キーワード

OCR / AI-OCR / 多摩市 / インテック / UiPath

関連記事

Special

-PR-

多摩市がAI-OCRとRPAの実証実験、住民税や児童手当など特定時期に増える作業を自動化東京都多摩市は、AI-OCR(光学文字認識)とRPA(ロボットによる業務自動化)を組み合わせた業務自動化の実証実験を開始した。実験期間は2019年3月から7月まで。住民税関連業務など3業務に適用し、業務の効率化や正確性の向上を図る。インテックとUiPathが2019年3月4日に発表した。

PAGE TOP