[市場動向]

Linux FoundationがCI/CD分野の新組織を設立、Jenkinsなど4つのプロジェクトを開始

2019年3月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Linux Foundationは2019年3月12日(米国時間)、米国で開催中のイベント「Open Source Leadership Summit」において、継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)分野の新たな組織「Continuous Delivery Foundation」(CDF)を発表した。Jenkins、Jenkins X、Spinnaker、TektonなどのCI/CDツールをとりまとめる。

 Continuous Delivery Foundationは、ソフトウェアの開発/配備のプロセスを迅速化するツール分野、継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)に特化したファウンデーションである。CI/CDツールについてベンダー中立的な拠点を提供し、長期的な管理運用と持続可能性のための枠組みを提供する。

画面1:CDFのWebサイト(https://cd.foundation/)には、最初に手がけるプロジェクトとして4つが示されている
拡大画像表示

 CDFは、開発者、エンドユーザー、ベンダー間のコラボレーションを促進する。これにより、CI/CDとDevOpsの手法を広める。ベストプラクティスを定義/文書化し、ガイドラインを提供する。世界中の開発チームがCI/CDのベストプラクティスを実践できるようにする。

 CDFが手がける最初のプロジェクトは、Jenkins、Jenkins X、Spinnaker、Tektonである(画面1)。今後追加するプロジェクトは、まもなく結成される「Technical Oversight Committee」(技術監視委員会)が決めていく。

 CDFの創設メンバーは23社で、以下の通り。Alauda、Alibaba、Anchore、Armory.io、Atos、Autodesk、Capital One、CircleCI、CloudBees、DeployHub、GitLab、Google、HSBC、Huawei、IBM、JFrog、Netflix、Puppet、Rancher、Red Hat、SAP、Snyk、SumoLogic、である。

関連キーワード

Linux Foundation / CI/CD

関連記事

Special

-PR-

Linux FoundationがCI/CD分野の新組織を設立、Jenkinsなど4つのプロジェクトを開始Linux Foundationは2019年3月12日(米国時間)、米国で開催中のイベント「Open Source Leadership Summit」において、継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)分野の新たな組織「Continuous Delivery Foundation」(CDF)を発表した。Jenkins、Jenkins X、Spinnaker、TektonなどのCI/CDツールをとりまとめる。

PAGE TOP