[新製品・サービス]

日立、IoT機器向けの運用管理ブランド「JP1 for IoT」、第1弾はデバイス管理

2019年3月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2019年3月13日、IoTシステムを対象とした運用管理ソフト群「JP1 for IoT」を発表した。2019年3月15日から販売する。まずは、IoT機器のセキュリティ対策や稼働状況管理などの機能を提供する製品「JP1 for IoT - デバイス管理」を提供する。

 JP1 for IoTは、IoTシステムを対象とした運用管理ソフト群である。運用管理ソフト群「JP1」の技術やノウハウを、IoTシステムの運用管理に生かしている。第1弾として、IoT機器のセキュリティ対策状況や接続状態などを管理するソフト「JP1 for IoT - デバイス管理」を用意した(図1)。

図1:IoT機器の状況を俯瞰的に可視化する(出典:日立製作所)図1:IoT機器の状況を俯瞰的に可視化する(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 JP1 for IoT - デバイス管理を使うと、IoT機器のセキュリティ対策の状況や接続状態を俯瞰的に可視化できる。リモートからパッチを一括で更新したり、廃棄時に設定を消去したりできる。さらに、不具合の発生時に警告を通知したり、内蔵電池など消耗部品の残量を通知したりできる。

 日立製作所は、主な適用例を2つ挙げる。

 1つは、工場やビルなどのセキュリティ対策である。工場やビルの設備をネットワークにつなぐと、制御用PCやIoT機器を狙ったサイバー攻撃のリスクがある。JP1 for IoT - デバイス管理によって、状態をリモートから監視することで、継続的にセキュリティ対策の状態や稼動状況を把握し、設定を一括で更新できる。

 1つは、地域の見守りサービスなどIoTを活用した広域なデジタルサービス事業の立ち上げである。JP1 for IoT - デバイス管理によって、地域別や機種別などのグループでIoT機器の全体像を把握したり、地図上にIoT機器をマッピングしたりできる。セキュリティ対策や保守員の配備などの効率が上がる。

 なお、JP1 for IoT - デバイス管理のほかに、既存製品を「JP1 for IoT」ブランドで販売する(表1)。具体的には、工場設備へのUSB接続を監視するアプライアンス「JP1 for IoT - NX UsbMonitor」と、工場設備へのネットワークを介した不正接続を監視するアプライアンス「JP1 for IoT - NX NetMonitor」である。

表1:「JP1 for IoT」の価格と提供開始時期
名称 概要 価格(税別) 提供開始時期
JP1 for IoT - デバイス管理 IoTデバイスの全体状況を可視化
設置時の初期設定/認証
ソフトウェア更新
稼働状態の監視と通知
廃棄・交換時の設定消去
など
16万円/月~ 2019年3月29日
JP1 for IoT - NX UsbMonitor 未登録USBメモリの接続検知と、接続排除、ログ取得など 55万円~ 2019年5月31日
JP1 for IoT - NX NetMonitor 未登録端末の不正接続検知と、ネットワークからの排除、ログ取得など 190万円~ 2019年5月31日

 今後は、ソラコムのIoT機器向けサービスとの連携を強化する。インテルが持つIoT機器の設置プロセスを容易化する技術や、ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品と連携した運用の自動化などについて、技術検証を進めていく。これらパートナ企業やユーザーとの協創を推進し、JP1 for IoTを拡充していくという。

関連記事

Special

-PR-

日立、IoT機器向けの運用管理ブランド「JP1 for IoT」、第1弾はデバイス管理日立製作所は2019年3月13日、IoTシステムを対象とした運用管理ソフト群「JP1 for IoT」を発表した。2019年3月15日から販売する。まずは、IoT機器のセキュリティ対策や稼働状況管理などの機能を提供する製品「JP1 for IoT - デバイス管理」を提供する。

PAGE TOP