[新製品・サービス]

KDDI、作業現場から4K映像をリアルタイムに伝送できるAR遠隔作業支援システムを開発

2019年3月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDIは2019年3月13日、作業現場から4K解像度の映像をリアルタイムに伝送できるAR遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」を開発したと発表した。2019年6月以降に販売を開始する予定である。

 VistaFinder Mxは、作業現場から4K解像度の映像をリアルタイムに伝送できるAR遠隔作業支援システムである。4G LTEや5Gのネットワークを経由し、数十Mビット/秒で4K/60p映像(H.264/AVC形式)を伝送できる(図1)。2019年夏以降は、H.265/HEVCを使えるようにする。

図1:VistaFinder Mxの概要(出典:KDDI)図1:VistaFinder Mxの概要(出典:KDDI)
拡大画像表示

 MPEG符号化・復号・処理ソフトウェア「MP-Factory」(KDDI総合研究所が開発)を搭載する。

 4K解像度の鮮明な映像を伝送することにより、映像を見ながら複雑な機器をメンテナンスしたり、映像から機器番号を読み取ったりできるようになる。作業現場での作業効率が向上するほか、ヒューマンエラーが減る。

 背景には、4K解像度の映像を扱えるウェアラブルカメラや、エッジコンピュータとして活用できる小型高性能パソコンが登場したことがある。4K解像度の映像を撮影して伝送することが現実的になってきている。

関連記事

Special

-PR-

KDDI、作業現場から4K映像をリアルタイムに伝送できるAR遠隔作業支援システムを開発KDDIは2019年3月13日、作業現場から4K解像度の映像をリアルタイムに伝送できるAR遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」を開発したと発表した。2019年6月以降に販売を開始する予定である。

PAGE TOP