バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

ピュア・ストレージ、S3互換クラウドストレージへのバックアップ/リストアを高速化する「ObjectEngine」を発表

2019年3月14日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ピュア・ストレージ・ジャパンは2019年3月14日、オブジェクトストレージにデータをバックアップするためのゲートウェイ製品「ObjectEngine」を発表した。バックアップデータの保存コストを抑えつつ、高速にリストア(復元)できることに注力している。2019年前半に提供する。

 ObjectEngineは、オブジェクトストレージにデータをバックアップするためのゲートウェイ製品である(写真1)。外部のデータバックアップソフトからは、ファイル/オブジェクトストレージに見える。ObjectEngineにデータをバックアップすると、背後でデータを重複排除した後、外部のオブジェクトストレージにデータを格納する。

写真1:ObjectEngineの外観写真1:ObjectEngineの外観
拡大画像表示

 データを格納するオブジェクトストレージとして、クラウドストレージのAmazon S3か、Amazon S3互換のオブジェクトストレージ装置「Pure Storage FlashBlade」のいずれかを利用できる。ゲートウェイであるObjectEngineは、重複排除のための一時的なストレージを備えるが、データを永続的に保管するためのストレージは備えない。

 ObjectEngineは、アプライアンス製品として提供する。ハードウェア部分には、米Pure Storageのフラッシュストレージ「FlashArray//X」のサーバーを流用している。ソフトウェア部分として、買収した米StorReduceの重複排除ストレージソフトウェア「StorReduce」の技術を使ったソフトをインストールしている。

写真2:米Pure Storage戦略部門副社長のMatt Kixmoeller(マット・キックスモーラー)氏写真2:米Pure Storage戦略部門副社長のMatt Kixmoeller(マット・キックスモーラー)氏
拡大画像表示

 ObjectEngineを製品化した背景には、バックアップデータのリストア(復元)の速度を上げて、保存済みのデータを活用できるようにする、という狙いがある。「従来は、ディスクtoディスクtoテープだった。多くのベンダーはバックアップ速度はうたうが、リストア速度はうたわない。テープに保存したら、それはもう使われない」(米Pure Storage戦略部門副社長のMatt Kixmoeller氏、写真2)。

 ObjectEngineでは、短期保存はフラッシュに、長期保存はクラウド(Amazon S3)にバックアップできる。保存したデータをリストアする時間をテープよりも短くできるため、保存したデータを活用できるようになる。ObjectEngine//A270(4ノード構成)の場合、バックアップ速度は1時間当たり25Tバイト、リストア速度は1時間当たり15Tバイトをうたう。

 バックアップストレージ「EMC DataDomain」との比較も示した(図1)。DataDomainのリストア時間は1日当たり1Tバイトという。一方、ObjectEngineでは、Amazon S3上のバックアップデータなら1時間当たり1Tバイト、Pure Storage FlashBlade上のデータなら1時間当たり8~19Tバイトのデータをリストアできたという。

図1:リストア速度の高さをうたう(出典:ピュア・ストレージ・ジャパン)図1:リストア速度の高さをうたう(出典:ピュア・ストレージ・ジャパン)
拡大画像表示

フラッシュアレイの新OSで「MVNe over Fablic」をサポート

 会見ではまた、フラッシュストレージ「FlashArray//X」のOSソフトウェアの新版「Purity 5.2」の新機能として、サーバーからイーサネットを介してNVMeプロトコルでストレージにアクセスする「MVNe over Fablic」機能を追加したと発表した。MVNe over Fablicを利用可能なサーバー機などと組み合わせて利用できる。

 MVNe over Fablicにより、サーバーは、あたかもDAS(直接接続ストレージ)であるかのように高速にストレージにアクセスできるようになる。DASはアプリケーションごとに独立したストレージを用意するため無駄があるが、MVNe over Fablicならストレージ装置を共有して無駄を省きながらDASのように高速にアクセスできる。

関連キーワード

Pure Storage / Amazon S3 / オブジェクトストレージ

関連記事

Special

-PR-

ピュア・ストレージ、S3互換クラウドストレージへのバックアップ/リストアを高速化する「ObjectEngine」を発表ピュア・ストレージ・ジャパンは2019年3月14日、オブジェクトストレージにデータをバックアップするためのゲートウェイ製品「ObjectEngine」を発表した。バックアップデータの保存コストを抑えつつ、高速にリストア(復元)できることに注力している。2019年前半に提供する。

PAGE TOP