システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

福井銀行、オンプレミスの分散系システムをVMware on IBM Cloudに移行

2019年3月18日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

福井銀行は、分散系システムをIBM Cloudに移行する。オンプレミスに構築したVMware環境とほぼ同じ環境をクラウド上で利用できるサービス「VMware on IBM Cloud」を利用する。IBM Cloudが提供するマイグレーション(移行)サービスを利用することで、移行のコストや期間を削減する。IBM Cloudでの業務開始は2019年上半期を予定している。日本IBMが2019年3月18日に発表した。

 福井銀行には、勘定系システム以外に、本部や各部署がそれぞれの業務で構築してきた数百システムに及ぶ分散系システムがある。日本IBMのデータセンターにおいて、VMwareのサーバー仮想化基盤の上で運用している。

 今回、分散系システムの次期IT基盤を選定し、IBM Cloudを採用した。分散系システム全体を、VMware on IBM Cloud環境に移行し、クラウドで稼働させる。IBM Cloudでの業務開始は、2019年上半期を予定している。

 VMware on IBM Cloudは、オンプレミスに構築したVMware環境とほぼ同じ環境をクラウド上で利用できるサービスである(関連記事日本IBMが「VMware on IBM Cloud」をアピール、オンプレ同様のVMware環境をクラウドで提供)。オンプレミスから簡単に移行し、オンプレミス同様に運用できることをうたう。

 移行サービスとして、IBM Cloudへの移行を支援するサービス「IBMクラウド・マイグレーション・ファクトリー」を使う。自動化ツールを使い、移行のプロセスを簡素化・標準化し、人手による属人化された作業を最小限に抑えられるとしている。移行にかかるコストと期間を削減できるとしている。

関連キーワード

福井銀行 / IBM Cloud / VMware / 銀行 / 金融

関連記事

Special

-PR-

福井銀行、オンプレミスの分散系システムをVMware on IBM Cloudに移行福井銀行は、分散系システムをIBM Cloudに移行する。オンプレミスに構築したVMware環境とほぼ同じ環境をクラウド上で利用できるサービス「VMware on IBM Cloud」を利用する。IBM Cloudが提供するマイグレーション(移行)サービスを利用することで、移行のコストや期間を削減する。IBM Cloudでの業務開始は2019年上半期を予定している。日本IBMが2019年3月18日に発表した。

PAGE TOP