[新製品・サービス]

NEC、工場用コンピュータに新モデル、5年間の長期供給と最大10年の保守

2019年3月25日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2018年7月18日、工場で使うことを想定し、長期間の安定供給を保証する“ファクトリーコンピュータ”について、新モデル3製品を発表、同日受注を開始した。2019年3月末から出荷する。新モデル(S36W/S37K/D28U)は主にストレージ機能に注力し、最大4台のドライブを搭載できるようにした。

 NECのS36W/S37K/D28Uは、いずれも工場で使うことを想定し、長期間の安定供給を保証する“ファクトリーコンピュータ”である。5年間の長期供給と、供給終了から標準で7年、最大で10年間の長期保守を提供する(写真1)。

写真1:ファクトリコンピュータ「S36W」の外観写真1:ファクトリーコンピュータ「S36W」の外観(出典:NEC)
拡大画像表示

 過酷な環境での稼働を想定し、耐久性や可用性も高めた。耐環境性(動作温度は摂氏5~45度、耐振動、耐ノイズなど)や高信頼設計(長期供給部材の選定、冗長電源、複数のRAID構成など)といった特徴を備える。

 新モデルのうち2モデル(S36WとD28U)は、既存モデル(S35WとS22U)の後継モデルにあたる。いずれも、従来モデルの2倍となる最大4台のドライブを搭載できるなど、主にストレージ機能の強化を図っている。残りの1モデル(S37K)は新規モデルであり、S36W/D28Uと同様に最大で4台のドライブを内蔵する。

 CPUも強化した。新モデルは、S36Wがインテル Xeon E3-1275 v5プロセッサー(クロック周波数3.60GHz)、S37KがCore i3-6100(同3.70GHz)、D28UがCeleron G3900を搭載する。上位機種のS36Wの場合、従来モデル(Xeon E3-1275 v3搭載のS35W)と比べ、処理性能が約1.2倍に向上している。

 価格(税別)は、S36Wが65万8000円から。S37Kが57万8000円から。D28Uが54万5000円からとなっている。

関連キーワード

NEC / PC / 工場

関連記事

Special

-PR-

NEC、工場用コンピュータに新モデル、5年間の長期供給と最大10年の保守NECは2018年7月18日、工場で使うことを想定し、長期間の安定供給を保証する“ファクトリーコンピュータ”について、新モデル3製品を発表、同日受注を開始した。2019年3月末から出荷する。新モデル(S36W/S37K/D28U)は主にストレージ機能に注力し、最大4台のドライブを搭載できるようにした。

PAGE TOP