[新製品・サービス]

富士通クラウドテクノロジーズ、Kubernetesを簡単に運用できるサービス「ニフクラ Hatoba」β版

2019年3月26日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通クラウドテクノロジーズは2019年3月26日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」において、コンテナ管理基盤「Kubernetes」を簡単に運用・管理できるサービス「ニフクラ Hatoba」を提供すると発表した。同日、ベータ版の提供と申し込みの受付を開始した。ベータ版利用者からの評価をもとにユーザーインタフェースの改善や機能強化を行い、2019年度中に正式版を提供する。

 ニフクラ Hatobaは、コンテナ管理基盤のKubernetesを簡単に運用・管理できるようにするサービスである(図1)。背景には、Kubernetesの運用は難しく、一定のスキルが求められるという状況がある。今回提供するベータ版では、「クラスター」や「ノードプール」などの一部機能を提供する。今後、「スナップショット」や「コンテナレジストリ」などの機能を順次追加していく。

図1:「ニフクラ Hatoba」のサービスイメージ(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)図1:「ニフクラ Hatoba」のサービスイメージ(出典:富士通クラウドテクノロジーズ)
拡大画像表示

 中核機能として、Kubernetesクラスターを構築して管理する機能を提供する。コントロールパネルやAPIを介して簡単に構築・管理できる。Kubernetesの標準的な操作で、コンテナ化したアプリケーションをクラスター上にデプロイ(配備)できる。クラスター内では、ノードプールを運用できる。ノードプールに指定したノード数を維持できる。ファイアウォール機能も提供する。クラスターへのアクセスを、IPアドレス帯を指定して制御できる。

 ニフクラ Hatobaのベータ版は無償で利用できる(https://cloud.nifty.com/service/hatoba.htm)。

関連キーワード

Kubernetes / 富士通クラウドテクノロジーズ

関連記事

Special

-PR-

富士通クラウドテクノロジーズ、Kubernetesを簡単に運用できるサービス「ニフクラ Hatoba」β版富士通クラウドテクノロジーズは2019年3月26日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」において、コンテナ管理基盤「Kubernetes」を簡単に運用・管理できるサービス「ニフクラ Hatoba」を提供すると発表した。同日、ベータ版の提供と申し込みの受付を開始した。ベータ版利用者からの評価をもとにユーザーインタフェースの改善や機能強化を行い、2019年度中に正式版を提供する。

PAGE TOP